プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

老舗酒蔵の三男(と言っても五十代)通称「ボン」と申します。伏見の地でかれこれ、三百三十年、江戸時代の初期より商いをしております。
といっても、伏見のことは、とんと無知で、これから勉強して行こうと思っています。
お酒のこと、伏見の歴史、伏見の楽しみ方を、お伝えしていきたいと思っていますので、これからも宜しくお願い致します。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

酒屋の独り言 Feed

2014年12月13日 (土)

お歳暮送りました?

いつもへべれけ


中年を過ぎた酒屋の三男坊 ボンです。

=========
お歳暮の最盛期ですね!
 今年は、選挙の関係か、少なく感じます。
 皆さん美味しいお酒送られましたか?
 もらってうれしいものを送りたいですよね!
 でも、みんな同じものになると・・・・
 ~~~~~~~~
 日本酒のギフトでも、箱ばっかり上等で
 ってのもありますし、かといって、
 見た目に悪いものは、送る人の気持ちが伝わらないし
 むつかしいですよね!
私は、箱ばっかりにお金をかけて、高額にするのは
 あまり好きではありません。
 お金はかけていないけど、中身は最高の商品であると分かる
 のってないのでしょうか?
 いつも考えます。
 特にお酒って、嗜好品で、美味しいと思ったら
 思うだけで、おいしく感じるものです。
 
 純米酒だって、
 「純米酒は美味しい!」と思っている人には
 絶対美味しいので・・・
 「たれ口」は、醸造アルコールが入っている方が
 美味しいのですが、いくら言っても、わかってくれない人には
 説明するのが無駄の様に感じてきました。
 いただきもののお酒があったら、
 美味しいと思って、飲んでください。
 濃いなって思ったら、温度を下げる
 
 薄いなって、思ったら常温に近づける
 いろいろやって、駄目だなって思ったら
料理に使う。
 長い間、ほったらかしになっているお酒も、
 もしかしたら、熟成して美味しくなっていることがあるので
 飲んでみてください。
 美味しくなかったら、
 料理酒に使えばいいのですから・・・
 熟成したお酒は、料理に使うとコクが出て美味しいですよ!

=========


鳥せい本店のツイッターです。


お得な情報もありますので、フォローしてください。


https://twitter.com/torisei1976/favorites


フェイスブックも毎日更新中
https://ja-jp.facebook.com/pages/%E9%B3%A5%E3%81%9B%E3%81%84%E6%9C%AC%E5%BA%97/309344239227825

2014年6月 2日 (月)

酔っぱらうと 話が・・・

いつもへべれけ
中年を過ぎた酒屋の三男坊 ボンです。
========
祇園「友々ぼん」のネットページが出来上がりました。
http://yu-yubon.com
 
是非見てください。
~~~~~~~~
今日(6月2日)鳥せい本店がお休みの伏見からお届けします。
なんで、酔っぱらいは、何回も同じことを言うんでしょうか。
毎回、一通り同じ話を聞かなければ、次の話題に行かない方が・・・
もう、5回くらい同じ話を聞いているので
先回りして、次の次の話題にふったら、話が短くなるかなと思ったのですが
残念ながら、話し忘れている内容があるのに気付いたのか
話が最初に戻って、また同じ話を聞く羽目に・・・・
どうすればよいのでしょうか???
で、店を終わって、外に出たら、
表で、また同じ話をして・・・・
ん~~~楽しそうにしているのでそれでもいいかな?
あ!! 百貨店の催事場でも同じような方が
良くおられます。
そうですよね。酔っぱらうと、無性に話をしたくなります。
話題をたっくさんもって、酔っぱらいましょう!!!
と、私は・・・・・心の中で
あ! あ!  うちの嫁さんに私は何回同じ話をしているか?
 一度聞いてみなくては・・・
~~~~~~~~
鳥せい本店のツイッターです。
お得な情報もありますので、フォローしてください。
https://twitter.com/torisei1976/favorites
 

続きを読む »

2012年12月27日 (木)

ビールは、人を笑顔に変える魔法の薬 「もやしもん8」より

いつもへべれけ

中年を過ぎた酒屋の三男坊 ボンです。

~~~~

「もやしもん8」(ちょっと前に出た分です)を読んでます。
この漫画は、毎回、いろいろな種類のお酒の説明が、
こと細かく書かれていて、すごくおもしろい漫画です。
今回は、ビール特集です。
ビールもたくさん種類があって面白いですよね!
今は輸送も良くて世界中の美味しいビールが飲めるようになりました。
本当にフルーツのような甘い香りのビールも美味い!
これは、妻のお気に入りです。
 ~~~~~~ 
私の気になったのは、ドイツのビールのお祭り「オクトーバーフェスト」

1

そして、ビールは、みんなを笑顔にするのみもの!

2

ということ!杯を上げて、威勢よく 乾杯 これだけは、日本酒でやりにくい。
でも、鳥せいのお客様もみんな本当に楽しそうに飲んでおられます。
お客様を笑顔に変える魔法がかかっているのでしょうか?
~~~~~~~
そういえば、NHK朝の連絡テレビ「純と愛」で主人公は、
お客様を笑顔変える魔法の国を作ろうと悪戦苦闘します。
さて、答えは見つかるのでしょうか?
そこに行くだけで、その人に会うだけで、笑顔になる。
そんなこと、考えましょう!
  そういえば、私の母は、そこにいるだけで、まわりがぱっと明るくなりました。
魔法使いだったのかな?
お酒って、そんな魔法の薬だと、私は思うのですが・・・

2012年8月 3日 (金)

酒蔵の夏 酒屋の独り言

酒屋の夏
酒造りのない夏の酒蔵は、驚くほど静かです
ずらりと並んだ酒樽には、秋に出荷を待つ酒が満タンに入っています。
 
夏の酒蔵に入ったことはありますかsign02
 
クーラーもかけていないのに、すごく涼しいのをご存じでしょうか。
なぜでしょう? 
大量のお酒があるからです。
冬に造って貯蔵したお酒は、外気温で
少しずつ、温度を上げていきます。
しかし、量が多いので、真夏でも、25度位にまでしか上がりません。
巨大な、水冷クーラーが置かれている部屋となるのです。
 2
日本酒をはじめとするお酒の熟成は、この1年をかけて、
ゆっくりした温度変化が生むものなのです。
そして、最も熟成が進むのが、秋、
一度上がったお酒の温度が、
少しずつ下がるときにお酒は、味わいに深みを持ち始めます。
これを「ひやおろし」「秋上がり」と言います。
夏の間、お酒は、静かに静かに、お休み中です。
え!私は、仕事してますよ! あいかわらず お店にはいませんが
あ!!もしかすると、お盆には、いるかも・・・

京都・伏見神聖酒蔵 鳥せい 本店 のサービス一覧

京都・伏見神聖酒蔵 鳥せい 本店
  • TEL050-3477-4673