プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

老舗酒蔵の三男(と言っても五十代)通称「ボン」と申します。伏見の地でかれこれ、三百三十年、江戸時代の初期より商いをしております。
といっても、伏見のことは、とんと無知で、これから勉強して行こうと思っています。
お酒のこと、伏見の歴史、伏見の楽しみ方を、お伝えしていきたいと思っていますので、これからも宜しくお願い致します。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

台湾食べ歩き おすすめ料理店 Feed

2012年4月22日 (日)

台湾の空港で酒を買おうと・・・・ん~~!!

台北桃園空港です。
台湾旅行の終わりは、やっぱり・・・
お土産でしょう!!!
そうですよ。お酒も!!!
酒を買おうと免税店へ、
あれ?お酒がまったく売れていません。
昔ながらのウイスキーやブランデーばかり、
家の近所のディスカウントの方がずっと安いのに

誰が買うのでしょうか。

と思いながら、台湾のお酒を探します。
ところが、ほとんど置いていません。
地元の紹興酒とか、2種類だけ
もっと充実させれば
絶対買うのに、高いし、どんな味か全く解らないし
POP付けろ、と言いたかった。
聞いても、よくわからない説明しかしないし。
「安いよ」って言うばかり

でも、10年の紹興酒で、1600円なら、

これも、日本のディスカウントの方が安いし、

ちょっとはわかるPOPもある時があります。
私でも、この私でも、1本だけしか買いませんでした。
試飲会でもしたら、1日で、数十万円売れるような気がする・・・

2012年4月21日 (土)

台湾 シャンプーもやってみましょう

台湾も最後

これから 搭乗です。

ウエストが何となく、苦しいのは、さっき、食べすぎたからなのか。

しっかり 太ったからなのか。

帰ってから、3日ほどは、体重計に乗らないようにします。

今日も、フルに動き回りました。

特筆1 シャンプー

理容院で、シャンプーだけやってくれます。

すごく気持ちよい。

まず、椅子に座ると、肩と首を軽くもんでくれます。

それから、座ったまま、シャンプーが始まります。

気持ちいいですよ、

約15分位、頭を洗って、しかも、座ったまま、

20120410104127

そして、シャワーで洗い流して、

オイルアロマ 整髪

私のあまりない髪の毛を、整髪料を全く使わず

倍くらいに見せます。

Photo_12

一緒に行った妻の友人も

日本で、パーマをかけてもうまくいかなかったのに

ドライヤーだけで、すごく上手に、カールがかかって

びっくりしていました。

これで、約1000円(40分位)

お値打ちです。

時間があれば、頭皮マッサージもできます。

私たちの行ったお店は

「曼都髪型美容」

    錦今州街174号
 チェーン店で、何店かあるようです。
あ!この店の宣伝をしているわけではありませんよ。

以前に行ったときは、もっと安かったように思います。

ほかの店なら、半額くらいかもしれません。

妻が日本なら、何倍もするとも言っていました。

空港でも、頭すっきりです。

2012年4月19日 (木)

台湾 高雄 珍道中

台湾旅行3日目 台湾南部 高雄 の午後です。

本当に、1ページしかないガイドブックには、悩まされますwobbly

愛川の散策が良い、河辺のカフェも点在して・・・・

と書かれているので、タクシーで、それらしき場所へ、

そこから、30分ほど散策、カフェらしき物発見出来ず。

Photo

よくよく見ると、どうも場所が違う!!

もう一度、タクシーで、愛川に行き、

点在するはずの1軒しかないカフェで休息です。

Photo_2

南国です。子供がヨットの練習をして、

さて、夕食は、高雄駅近くのレストランへ、行こうと思ったのですが

またまた、アバウトな地図に悩まされますweep

どう見ても、スラム街のような場所を迷い込み、

挙げ句の果てに見つからず、

あきらめて、新幹線の駅まで、MRT(地下鉄)で移動、

三越のレストラン街で、タイ料理に

Photo_6

おもしろかったというか、困ったというか。

でも、私は、海鮮レストランに行けて、満足。

少し、ビールの飲み過ぎで、

帰りの新幹線で、熟睡、

着いたと思って、下車したら、台北の手前の駅!!!

ほんとに良く迷う1日です。

ホテルに帰って、妻とラウンジへ、

Photo_4

バーボンをロックで、そして、チェイサーをと注文したのですが

チェイサーが通じない。

Photo_3

仕方なく、ロック アンド ウオーターと言うと、納得して

水割りが出てきました。

ん~

2杯目は、身振り手振りで、ロック アンド ウオーター

ようやっと通じて、なんか、和やかな雰囲気になったので、

明日の予定を、その女性バーテンダーに聞くことに

まずは、朝ご飯を

24時間営業の飲茶のお店を紹介してもらい。

次に、お昼ご飯も、美味しいレストランを教えてもらいました。

Photo_5 地図を書いてもらいましたsmile

信頼出来る情報か?

明日のお楽しみ!!!

2012年4月18日 (水)

高雄 海鮮料理 美味い!

台湾3日目、新幹線で高雄へ、迷いに迷って、

目的地の蓮池潭へ、

  注-地図は正確な物を手に入れましょう!!

Photo

Photo_2

Photo_3

そこから、タクシーで、港のそばの、レストランへ

残念ながら、お休みなので、またもや、迷いながら

フェリーで、沖にある島へ高雄の港から少し沖の島へ

Photo_4

そこで、昼食です。

何にもわからないので、

とりあえず、たくさん人が見ているお店を

選びました。

3

海鮮の食材をいっぱい並べて、

好きな食材を指さします。

Photo_5

Photo_6

Photo_7

あ! まず、日本語ができる人がいるか聞きます。

私たちは、

白魚のような、魚をフライに

ほたて貝を炒め物に

あさりを酒蒸しに

きた小エビを蒸し物に

空芯菜を炒め物に

鯛のような、魚を何も言わずに

それだけ選んで、店内に入ります。

お店では、セルフサービス、御飯は無料

ビールも勝手に冷蔵庫から、

しょうゆや香辛料も自分で入れに行きます。

いっぱいのお客さんなのに、


すごく早く、すごく新鮮な、料理が出てきます。

Photo_8

Photo_9

特に、鯛のような魚は、おそらく、ネギなどの野菜と中華ソースで蒸してあるようです。

美味、日本ならば、これだけで、5000円かな。

満足して、会計したら、全部で 1000ドル(3000円)までの価格

絶対間違っていると思うのですが。美味しくて、安い!!!

やり方が、分からなくで、ドキドキしますが。

一度お試しあれ!!!

会計するときのドキドキ感もいいですよ!!!

逆の場合も、あるかもしれませんが

あ! ワタリガニも美味しそうでした。

帰りに、水槽にいるのを発見、もう一度、戻ろうかと思ったくらい美味しそう!!!

でもここは、南国、のんびりしています。

Photo_10

Photo_13

Photo_14

お金が足りなくなりそうだったので、

銀行に行って両替したのですが、

何かわかりませんが、お客さんが並んでいるのに、

カウンターでは、お客と担当者がなんか談笑してるし。

平気でそれを待っているし・・・

時間がゆっくり流れます。

Photo_12

フェリーで戻って、またまた、アバウトな地図に悩まされながら

高雄珍道中は、続きます。

2012年4月17日 (火)

誠品書店とシェラトン「キッチン12」のバイキング

台湾 食べ歩きツアー

新しくできた、台北101横の誠品書店に来ています。

さすがに、新しくできた書店とショッピングのビルです。

ほとんど日本と変わりません。

8年程前に来たときは、百貨店に行くと、

何年か前のレナウンの服がいっぱい置いていたように思ったのですが、

今は違います。

でも、コクヨの普通のノート(日本では100円位)が400円位で売っています。

なんか変な日本語が書いた健康食品も売っています。

まだまだ、日本というだけで、売れるものもあるようです。

日本食は、定食屋や回転すしをときどき見かけます。

あ!そういえば飲茶を食べに行った、兄弟大販店の売店で、

トンカツ巻なる、巻き寿司が売っていました。

でも、地下のフードコートは、8割が、中華料理です。

日本のフードコートだったら、

日本食は、半分以下だと思います。

朝食の俗にいう、ファーストフード的なものも、

半分以上は、中華料理の屋台です。

競争が激しい分、中華料理は美味しい。

妻のお買い物にお付き合いした後は、

夕食は、シェラトンホテルの「キッチン12」のバイキングです。

すごく高級な、場所を予想したのですが、結構カジュアルです。

和洋中、何でもありますので、中華料理に飽きた人でも、寿司やお刺身

カレーに洋食、デザート山盛り、

食い意地の張った私は、取りあえず、すべてを食べてみたいのですが、

すべては、全く無理なほどあります。

特筆は、ローストビーフ、すべてが、最高の味とは言わないまでも、

Photo_2

結構レベルは高いので、訪れてみる価値有りです。

一人、3000円位で、これだけ、種類があるバイキングは、

あまりありません。

台湾得意のビール1本に1本おまけのシステム

3本頼んだらどうなるか。      困っていました。

写真がないのは、あまりのせたくなかったのか、

食い意地が張っていて、食べるのに夢中だったか。

今日は疲れました。ホテルに帰ってから、近くの足つぼマッサージに、

これも、台湾では、行っておくべき場所の一つです。

本格的な場所を選びましょう。

顔がゆがむくらい痛い方が、絶対ききます。

いっぱいお店があるので、解りませんが、

少なくとも、かわいいお姉ちゃんが呼び込みをしているところは

きっと、優しく、さわるだけのように思います。

2012年4月16日 (月)

台湾食べ歩き 茶芸館 紫藤廬

台湾、食べ歩き2日目、午後です。
お昼は、茶芸館「紫藤廬」台湾式喫茶店)で、中国茶をいただきます。
ここは、日本人の住んでいた家を改装した 落ち着いた建物です。

Photo_2

Photo_3

Photo_4

本当にゆっくり時間が過ぎて、

2時間3時間をかけて、

というのが、ここの喫茶です。

まず、お茶を一人1種類ずつ(以前はみんなで1種類で良かったのですが)お茶を選びます。
1種類1000円位する高級茶で、メニューには、30種類以上の中国茶があります) 一番高いのは、5000円位もします)
私たちは、高地のあっさりした味と低地のしっかりした味のウーロン茶と
年代物のプーアル茶を選びました。
台湾式お茶の作法にのっとり(教えてくれます)

Photo_5

Photo_6

Photo_7

Photo_8

Photo_9

日本の煎茶とは、だいぶ違います。

一番違うのは、まず、縦長の器にお茶を注ぎ、

それから、飲む用の器に移し、残った、縦長の器で

香りを楽しみます。

1種類につき、7・8回入れることが出来ます。

3人で、合計20~25杯くらい、小さな器で、お茶を飲みながら、

ゆっくり時間を過ごします。

ツアー旅行にはない、ゆっくりした時間です。

でも、ここは、行くのに、苦労しました。

タクシーで、ガイドマップの地図を見せて、指さしてのですが、

運転手が老眼で、うなずくのですが、まったく逆の方向へ発進

あわてて、大きな字で、住所を書いて渡したら、大変大回りで
現地まで、帰りも、電車まで、15分程度歩きました。
2時間以上の時間のある方のみ、行って下さい。

2012年4月15日 (日)

台湾 食い倒れツアー 台北101とおもしろPOP 

いつもへべれけ

中年を過ぎた酒屋の三男坊 ボンです。

台湾の台北からお届けします。

台湾旅行2日目、午後、MRT(電車)で、台北101へ

101階建ての超高層ビル台北101

Photo_3

とりあえず、展望台に上がります。

2

Photo_8

ここで、食べ物から離れて、

台湾、面白POPとチラシ

台湾での、販促で、もっともい多いのは、

何個買うと1個おまけするというもの

Photo
これは、展望台で配られていたもの、

1個買うと1個付いてくる

マンゴーシャーベット ビールフロート

面白そう、試してみたい。

美味しそう、1個だけ欲しいのに・・・・

地下のスーパーでも、同じことを、

杏仁豆腐の素、美味しそう、妻が、買おうとすると、3個買えば1個付けます。

当然、3個や4個は買う予定なので、ありがとう

ところが、スーパーなので、レジまで、一緒について行って、

おまけがあることを説明して、会計。

次は、香辛料のコーナーで、なべ用の漢方のコーナーで

次は、お菓子のコーナーで、そして、次は、ドライフルーツのコーナーで

何回、レジに行けば気が済むのか。

というか、いくら買うとんね!!

ついでに、このPOP

Pop
日本製のマッサージチェアなのですが。

誰やこんな変なサムライを書いたのは、

ほんで、何が言いたいんや!! 何あやまっとるんや!!

ついでに これも

Photo_9

絶対日本人向けですよね。

一度検索してみてください。

疲れたので、茶芸館へ

続きを読む »

2012年4月14日 (土)

台北 飲茶 兄弟大飯店 

Photo
いつもへべれけ

中年を過ぎた酒屋の三男坊 ボンです。

台北2日目、朝一番で、散歩です。

中正紀念堂では、たくさんの人が母の日とお釈迦様の誕生祭の練習をしています。

Photo_2

Photo_4

Photo_5

リスがお出迎えしてくれる、228和平公園

Photo_6

Photo_14
ここでも、何か、仏教のイベントをしています。

Photo_10

Photo_12

Photo_13

台湾は仏教国なのですね。

そこから、また、歩いて(タクシーか、電車で移動してください)

朝ごはんです。

以前に来た時に、台湾の友達が、この飲茶が一番美味しいと紹介してくれたお店です。

兄弟大飯店(ブラザーホテル)の飲茶heart04です。

ホテルのロビーに入ると、大きならせん階段があるので、

そこを上ると、「梅花廰」 lovely という、飲茶店があります。

Photo_15

入ったときは、3・4組だけだったのですが、

あっという間に満席、列ができていました。

ワゴンで、せいろや料理が運ばれてきます。

Photo_17
コーンスープ

Photo_18

貝柱のお粥

      (入れ物が小さかったので、人数分頼んで・・・

            結構量があります。これだけで、おなかが膨れて、)

ワゴンが回ってくれば

好きなものを指さします。

どれでも、失敗はないので、いっぱい頼みます。

でも、あとで、いろんなワゴンが回ってきますので、

あれも食べたかったな、と思うことも・・・

1つ85台湾ドル(250円)位

小龍包も、メニューにあります。

Photo_16

小龍包はじめ、ワゴンにないメニューは、頼めば、15分位で出てきます。

はずれはないので、なんでも頼みましょう。

Photo_19
 

 何とか巻きパイ 蒸し菓子 これは美味い

    すみません。多くの写真は、美味しくて、撮るのを忘れたり、たべさしの写真です。

    量は、参考にしないでください。(蒸し餃子や肉団子等々たくさん頼みました)

ほとんど、日本人はいません。

日本語の通じる人も1・2人しかいないので、注意、ペンとメモを忘れずに

頼んだものと違うものが来ても、何も来なくても、気にしないように!!

 

会計は、食べた器を下げるときに付けるのでwink

 

さて、次は、台北101、超高層ビルです。

続きを読む »

2012年4月12日 (木)

故宮晶華 国宝宴 故宮博物院の夕食

2

昨日の続き、台湾の 台北 故宮博物院 です。

Photo

私に、5時間休みなしの博物館見学は、少し無理なので
途中 一人で、最上階(4F)の喫茶で、一休みです。

Photo_3


景色もいいし、空いているので、一休みするには、お勧めです。
適当に変わったものを頼みました。
ちょっと甘すぎで、失敗
週末は、8時半まで、開館しているので、(6:30から無料)
夕食の前に故宮博物館もいいかも・・・・
私たちは、7時半に予約した故宮博物館内にある 
レストラン 「故宮晶華」 というお店です。

Photo_4

Photo_5

個室です。

Photo_6

故宮博物館の所蔵品をイメージした料理を

そのまま出してくれるコースです。
最初から、最高級レストラン!!
席に、立派なメニュー本が、置いてあります。
帰りに、一人1冊ずつ、お土産。
  (これで2000円は取られているかな)

Photo_7

Photo_8

Photo_9

裏面は、日本語で書かれているので、これを頼む人は、日本人しかいないのかな?
いらんことを考えずに、まずは、紹興酒を1本(ほぼ私が飲みます)
すぐに、待ってましたとばかりに、前菜
   (そうなんです、ここは、9時半まで、どうも私たち以外の客は、
           入店した時間には、ほとんど、帰っていたようです)

Photo_10

手前から、豚の皮、パイナップル添え

山芋の細切りと干しアワビの細切り

からすみを軽くあぶった串

松の実と小エビ

スモークサーモンです。

あっさりした味付け、

紹興酒が進みます。

さてこれから、まずは、ヒスイの白菜を模して

「翠玉白菜」

Photo_11

Photo_12

海老は、宝物に彫られている、キリギリスとイナゴに見立てて、

小さな白菜の蒸し物、貝柱のソースをかけて、

こんな小さな白菜どうしたのでしょうか。

Photo_13

次が、戦国時代の青銅器 「弦紋鼎」を模した器で

干しあわびのスープ

Photo_14

干しアワビ、小さな白菜、鶏肉、干し貝柱、干し椎茸、魚(OIRと言っていました)の

中華スープ、こってりせずに、すごく美味しいスープです。

次は、清朝 「白玉錦茘枝」を模して

白苦瓜と魚とエビのすり身 オイスターソース掛け

Photo_15 ニガウリの実物です

Photo_16 料理です 

なんかわからない食感は、グリーンアスパラのような野菜添え

白苦瓜のほろ苦さが、美味しい料理です。

次は、「肉形石」 (豚の角煮そっくりのヒスイ)

Photo_17

Photo_18

一般的な豚の角煮より、しっかり食感を残して、

あっさり仕上げています。

下に添えられている野菜は、キュウリっぽいもの

次は 元時代の 「雲林堂飲食制度集」(料理本)を模して
ガチョウと麩 白髪ねぎをはちみつ味で、小麦を薄く伸ばしたもので巻いてあります。

Photo_19

次は 鳥の手羽先の詰め物
「香苗蔵鳳袖」

Photo_20

中は、もち米とハム 干し貝柱 小エビを詰めてあげてある手羽先です。

少し、芯のあるもち米に、干しえびの味が美味しい1品です。

ここから、デザートへ 

清代の宝箱「多宝格圓盒」を模して

お菓子の宝箱「多宝格甜點集」です。

Photo_21

アヒル型の練り菓子 柿の饅頭

Photo_22

Photo_23

桃の蒸し饅頭

Photo_24

白菜は、蒸した小麦粉中が練乳の餡です。

Photo_25

下は、ゴマの餡を牛皮で巻いたもの

あっさり水羊羹 こしあんを蕨粉のようなもので巻いたもの

すべて、あっさりして、これでもかという量の料理の後でも

お茶と一緒に美味しく食べられます。

最後が、青銅器を模した器に盛られたフルーツの盛あわせ

Photo_26

メロン、スターフルーツ、イチゴまではわかるのですが、

後は、洋ナシとリンゴの間のようなもの、リンゴと20世紀なしの間のようなもの

工夫を凝らした味でした。

日本では、絶対食べられない味と言うほどではないにしろ、最高だと思います。

惜しむらくは、お酒のグラスが欠けていて、口を切りそうになったのに

すみませんの一言で、新しいグラスを持ってきただけだったこと

閉店間際に行ったので、料理が、すごいスピードで出てきたことくらいでしょうか。

台湾は、最初から、マックスのペースアップです。

価格は、3800台湾ドル+10%+飲み物(興酒550台湾ドル)

2012年4月11日 (水)

故宮博物館 2度目のお昼ご飯 府城晶華

いつもへべれけ

中年を過ぎた酒屋の三男坊 ボンです。

台湾 食い倒れ日記・・・

もとい、台湾、食べ歩き日記 スタートです。

まずは、軽く、機内食、

え!軽食かと思いきや、

チャイナエアラインは、しっかり出てきます。
 (時間がもったいないので、朝出発の便にしました)

Dsc02214

  
空港からは、変な免税店で時間を取られるのがイヤだったので
 (注ー両替は、日本と、空港やホテルの両替場は、あまり変わりません。
  町中の銀行や両替場が10%位安いようなのですが、
  旅慣れないと難しいかもしれません。)
  クレジットカードが使える場所は、すべてクレジットがベストです。

空港バスで、桃園空港から台北まで、
  (約1時間 料金300円)

でも、バス会社もいっぱいあるし、旨く乗っても、

どの駅で降りたら良いかは、しっかり見ておかないと

運転手が何か言っていますが、さっぱり理解出来ません。

要注意です。
 (英語も通じないことが多いので、筆談をおすすめします)

日本のバスと一緒で、降りる駅の前で、ボタンを押します。
これも要注意、私たちも、ここで降りますと言っても、当然通じません。

一つ先の駅で降りて、歩いて、引き返しました。

チェックインしたら、すぐに、故宮博物館へ、

Photo_8

Photo_9

行き先は、紙に書いて、運転手に渡すのが、ベストです。

お年寄りが運転手だと、ガイドブックの文字は、読めません。

タクシーは、何となく遠回りする運転もいますが、基本が安いので、

一番便利です。
(ちなみに行きは、185台湾ドル(600円)
 帰りは、同じ場所に、260台湾ドル 故宮博物館前のタクシーは 要注意!! かな?)

ついてすぐに、機内食を完食したにもかかわらず、レストランへ直行です。

故宮博物館の右側に、レストランがあります。

地下が、カジュアルレストラン

1・2・3階が、ホテルがプロデュースする高級レストラン

昼食は、地下の「府城晶華」台湾南部の地方料理店だそうです。

注文は、焼きビーフン、スープ麺、蒸しちまき、

タピオカ入り豆腐プリン、杏仁豆腐、トマトをジンジャーソース

そして、台湾ビール 全部で、2000円くらいです。

Photo_2

Photo_3 Photo_4 
地方料理と言うことで、変わっていますが、美味しい。

焼きビーフンスープ麺には、生の大量のニンニク

日本では、味わえない、トマトのソース
 (すり下ろした生生姜と香辛料と特濃醤油と砂糖)

Photo

どうもここは、丼やそうめんが美味しいようです。

選ぶのを間違えたかな?

Photo_7

黒いタピオカと豆腐プリンは、あっさりしたミツの味で、美味

杏仁豆腐も、あっさりした甘さです。

Photo_5

Photo_6

1本しか、頼んでいないのに、2本もビールは持ってきてくれるし。
   (そのかわり、海老料理を頼んだのに来ませんでしたが)

故宮博物館に入る前に、2階の高級レストランを予約します。

ここは、故宮博物館の名物所蔵品のヒスイで出来た、「白菜」や「豚の角煮」

をそのまま料理にして出してくれるコースがあります。

ただし、価格は、3800台湾ドル+10%サービス料(日本円で12000円位)

台湾では、最高級料理で、このコースを頼む人は、ほとんどいないようです。

でも、話の種に、食べてみる価値有りの料理は、次回に・・・・

故宮博物館は、他の人がいっぱい書いているでしょうし、省略です。

平日(空いていますので)に、

半日かけてゆっくり見る価値は、あります・・・と妻は言っています。
 (日本語のイヤホンもあります。
  何か、説明が長くて、要を得ていないところはありますが)

さて、次回を お楽しみに

続きを読む »

京都・伏見神聖酒蔵 鳥せい 本店 のサービス一覧

京都・伏見神聖酒蔵 鳥せい 本店
  • TEL050-3477-4673