【お知らせ】西日本エリアで発生した集中豪雨の影響につきましては、ご利用の際に飲食店へお問合せ下さい。

プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

老舗酒蔵の三男(と言っても五十代)通称「ボン」と申します。伏見の地でかれこれ、三百三十年、江戸時代の初期より商いをしております。
といっても、伏見のことは、とんと無知で、これから勉強して行こうと思っています。
お酒のこと、伏見の歴史、伏見の楽しみ方を、お伝えしていきたいと思っていますので、これからも宜しくお願い致します。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

お店紹介 Feed

2018年4月20日 (金)

鳥せいの歴史

お店に なかなか いない お酒担当山本です。

~~~~~~~

鳥せいは、創業延宝5年(1677)京都伏見の老舗造り酒屋「山本本家」が

古い酒蔵を改装して、美味しい自醸酒を飲んで頂お店として、

昭和50年に開店したことから始まります。

始めたのは、先代の源兵衛(代々源兵衛を襲名しています)

(今は、兄が十一代源兵衞)

当時、蔵元が直営する飲食店は、日本には全くなかった時代、

蔵の前には、観光客はおろか、5時を過ぎると

誰も人がいない場所でした。

周りの大反対を押し切って

美味しい酒をできるだけ多くの方に飲んでほしいと

開店しました。

~~~~~~~

鳥せいの歴史

Photo

~~~~~~~

先代、源兵衛は、酒蔵の町伏見に多くの観光のお客様に来てもらい

美味しい伏見の日本酒を飲んでほしいという、当時は、無謀とも思われる夢を描いていました。

その当時の日本酒は、ビールやワイン、ウイスキーの台頭で、

売り上げを減らし続けていました。

特に伏見は、その市場が関西に少なかったこともあって、

伏見が酒造りの町であることを表に出しはしていなかったのです。

伏見のトップブランド「月桂冠」も

キャッチフレーズは「日本の酒」でした。

しかし、先代社長は、ヨーロッパのワイナリーには、

酒蔵の横に、必ず、味見のできる店があるのに、

日本酒は、なんでないのか?

伏見は、日本で2番目の酒造地であり、

京都に隣接する魅力ある街であるのに

観光のお客様は、全く来ないのか?

第1歩として、酒蔵の一部を改装して

自醸酒を安くて、美味しく飲んでもらえる

居酒屋「神聖酒場 鳥せい」を開店しました。

なんで、料理が焼き鳥だったか?

それは、安くて美味しかったから?

もう、いないのでははっきりはわかりませんが・・・

こうして、最初は、50席程度の日本酒と焼き鳥の美味しい

「鳥せい」は、開店しました。

~~~~~~~~

当然ですが、

誰も通らない場所に店を出しても

誰も来ません。

当時、中学生だった、三男坊の私も

週に2・3回は、父に呼び出されて

「お客様いないので、ご飯食べに来い」と言われました。

~~~~~~

3か月ほどたって

6時のニュースに取り上げられ

私もさくらで映りました。

それからは、多くの方を迎えることができるようになり、

何度か、増築して、

今は280席 多い日には1000名近いお客様が来ていただけます。

Photo_2

続きは、またにして・・・

~~~~~~

鳥せい京都タワーサンド店

~~~~~~

おかげさまで、鳥せい本店が京都伏見の日本酒の美味しい店として

知られるようになったので、

京都タワーの飲食街の企画で、核店舗として出店を依頼していただいたので

先代源兵衛の3男である私が、父の遺志を継いで、

美味しくて、安い、日本酒と焼き鳥の店を開店しました。

~~~~~~~~

店のイメージは、酒屋の京町家

入口

Photo_3

路地

京町家の居間

Photo_4

奥の間

Photo_5(中には入れませんが)

外でも、飲めて

2

人の集まる楽しい京町家です。

2017年4月14日 (金)

4月14日 10:00~ 鳥せい京都タワーB1グランドオープン(通常は11:00~23:00)

京都の真ん中 京都タワーのB1に鳥せいの新店舗がオープンします。

町家を感じさせる店内でゆっくりしてください。

Photo

Dsc06149

店外のフードコートでも食べられますので、

待っている間も、店外で、飲食できます。(メニューは限定されます)

詳細は、ぐるなび 京都タワーサンド店で検索してください。

ランチタイムには、酒粕ラーメンもご用意しています。

酒粕と麹(こうじ)を使ったあっさり味です。

Photo_2

2014年10月30日 (木)

鳥せい本店11月1日より終日禁煙です

いつもへべれけ


中年を過ぎた酒屋の三男坊 ボンです。

~~~~~~~~~~

鳥せい本店は、11月1日から、全席禁煙になります。
(一部、個室のご予約席を除く)
鶏の焼き台のダクトが吸い込む空気で、
風が横に流れるので、隣ですっている煙草の煙が・・・
お客様からの再三のお叱りで・・・・
煙草を吸う人の権利と
吸わない人の権利
どちらが強いかというと・・・
昔は、吸う人の権利が強かったのですが
今は、吸わない人の権利が強くなる。
で、分煙を一生懸命考えたのですが
どうやってもうまくいかないので、
仕方なく・・・
焼き鳥屋でそんなことをすれば
愛煙家のお客様を・・・
実は、どうしようって、二年ほど考えたのですが、
で、結構居心地がいい喫煙室を作りました。

Img_0144

Img_0141

で、でも、2階のお客様は、喫煙室まで、遠い
案内図を作って、
でも、喫煙室から、自分の席までの
地図は、無い。
煙草を吸い終わって、
さて、私の席はどこ?
ん~~ 
どうしましょう????
ということで、今週の土曜日から
鳥せい本店は、全席禁煙です。


鳥せい本店のツイッターです。


お得な情報もありますので、フォローしてください。


https://twitter.com/torisei1976/favorites


 

========

2013年12月27日 (金)

甘酒を作ってみる 凍らしても美味しいですよ!

いつもへべれけ


中年を過ぎた酒屋の三男坊 ボンです。

 

~~~~~


最後の発送で、忙しい、伏見からお届けします。

 

祇園「友々ぼん」のお休みの間に

 

新メニューを考えています。

 

まずは、麹を使ったメニュー

 

麹って、いったい何かというと

 

お米に、カビの菌を繁殖させたものです。

 

日本酒の場合は、黄こうじカビ

 

 

でも、黄色いわけではありません。

 

胞子(種)が黄色いカビです。

 

このカビは、酵素を多く含みます。

 

この酵素が、お米のでんぷんを糖分に

 

タンパク質をアミノ酸に分解します。



日本酒の場合は、お米のでんぷんを

 

麹の酵素で、糖分に分解して

 

糖分を酵母菌がアルコールに分解します。


でんぷんが、糖分に分解されるのですが、

 

すぐに、甘みを強く感じるブドウ糖に

 

すぐに分解されるのではなく、

 

徐々に甘みをましていきます。

 

つまり麹の甘みは、優しい甘みです。


これが、味噌や醤油、日本酒などの

 

調味料に微妙な味わいを加えます。


何か難しくなってきましたので、

 

~~~~~

 

とりあえずは、甘くして、甘酒に


酵素の分解速度は、温度が高ければ、早くなりますので、

 

温度を上げます。

 

麹を水に入れて、52度で、6時間位

 

優しい甘さの甘酒が出来ます。

 

昔は、こたつに一晩入れておきました。


炊飯器の保温機能等があるのですが、

 

60度を超えると、酵素が死滅してしまいます。

 

逆に温度が低すぎると、他の菌の繁殖を招きます。

 

でも、乳酸菌が少し繁殖して、少し酸っぱくなったくらいが

 

美味しいのです。

 

結構難しい!!


~~~~~~

 

ということで、簡単な甘酒の造り方

 

新鮮な酒粕を水に溶き

 

あたためます。

(あまり長い間沸騰させません2.3分くらい弱火で)

 

砂糖、しょうがの絞り汁、塩少々

 

出来上がりです。


濃いめ(どろどろなくらい)で、

 

しょうがを利かせて、(塩も多めで)

 

そして、凍らせます。

 

凍ったら、スプーンで、かりかりこそげると

 

甘酒シャーベットの出来上がりです。

 

 

=====

 

麹から造る甘酒は、実験が成功してから、報告します。

 

=====

あ!鳥せい本店のおすすめ

「もも肉と温野菜~酒粕ディップ~」

          結構いけますよ!

========

鳥せい本店のツイッターです。
お得な情報もありますので、フォローしてください。

2013年8月 4日 (日)

油専門店「山中油店」と直営カフェ「綾綺殿」(りょうきでん)

いつもへべれけ
中年を過ぎた酒屋の三男坊 ボンです。
~~~~~
曇り空の 伏見からお届けします。
 

今日は、油の買い付けに山中油店

老舗の油専門店

イタリアから、オリーブオイルを直輸入しています。

Dsc04079

Dsc04080

Dsc04093

値段もするのですが、

その分値打ちがあります。

今日は、ご主人と直営のカフェ「綾綺殿(りょうきでん)」

打ち合わせです。

Dsc04081_2

Dsc04082

Dsc04083

Dsc04086

自家製の杏仁豆腐に庭でとれた杏子の実のジャム

ジャムが香りが良くって最高です。

Dsc04088

           全部食べさしですみません

Dsc04089

Dsc04090

ごま油のケーキ

Dsc04091

オレンジオリーブオイルのクッキー

Dsc04092

ここでしか食べられないものが、いっぱいあります。

 

けっこう、わざわざ行かなければ、行けないお店なのですが、

価値有り、と思う方が増えてきた様子、(すっごく分かりにくい場所で・・・)

来週は、夜にお伺いして、ワインを試飲!!

イタリア直送の自慢のワインが置いてあって・・・

 

あ!祇園の新しいお店にも、裏メニューで置きます。

ちょっと高いけど・・・・・

味は、・・・・後日報告 絶対美味い!!!

 

油のことなら、ここに聞いてください。

 

どう違うかは、私には、解りませんが、

スーパーで売っている、サラダ油とは、明らかに違います。

 

オリーブオイルも、使い方から、全部教えてくれますし、

試食もできるので・・・・

 

最近、油って、そんなに量を使わなくなりました。

良いものを少しだけ、が、良いのでは?

 

但し、スーパーで売っているオリーブオイル数倍の値段

 

でも、でも、妻は、山盛り買っていきます。

2013年7月16日 (火)

「ルグドゥノム・ブション・リヨネ」東京神楽坂で活気あふれる南仏料理

いつもへべれけ
中年を過ぎた酒屋の三男坊 ボンです。
~~~~~

曇り空の、伏見からお届けします。

昨日まで、東京

祇園の新しいお店のロゴマークのデザインを

お願いしている 小笹彰子さんに打ち合わせにいくという口実です。

ずっと、京都にいて、学生時代に、日展に3度入選

単身、ドイツに留学 結婚して、今は東京

さてどんな、デザインになるか?

ということで、「神楽坂」で、夕食です。

Dsc_0982_2

Dsc_0981_2

毘沙門天のすぐ近くの

ルグドゥノム・ブション・リヨネ

http://www.lyondelyon.com/concept.php

Dsc_0985_2

     ん~~~何でこんな覚えにくい名前にするのか?

南フランス「リヨン」の田舎料理 て感じから、工夫を凝らして、美味しいものに

南フランスの活気あふれる料理です。

前菜と主菜を選んで、え!それだけって感じですが、結構ボリュームで、

ワインも美味しいので(今回はローヌのワイン)

なかまで、ワイワイするには、おすすめです。

1373798924096_2

    ベーシックな前菜の盛り合わせ

1373798956265_2

   アサリとアーティチョークのムース仕立て
     (これはあっさり、新しいフランス料理)

1373801357808_2

    血のハム(レバーパテのようなもの)

1373801362619_2

   魚のすり身を海老のクリームソースで
     (ベーシックな南仏料理)

1373801460968_2

   ハチの巣(牛の胃)の煮込み

隣の席と結構近くて、ちょっとうるさいのですが(お隣がお誕生日の御祝いの様子でいたので)

活気があって、いいよね!って方は、おすすめ、

ワイン(1本6000円くらい)が、2人1本、料理をちょっと追加して、一人8000円でした。

神楽坂ですから・・・・ 名前だけで、ちょっと高そうで・・・

2次会は、やっぱり日本酒で

次回は、吉祥寺の「日本酒や」です。

神楽坂のフレンチ「ルグドゥノム・ブション・リヨネ」活気あふれる南仏の料理

いつもへべれけ 中年を過ぎた酒屋の三男坊 ボンです。 ~~~~~ 曇り空の、伏見からお届けします。 昨日まで、東京 祇園の新しいお店のロゴマークのデザインを お願いしている 小笹彰子さんに打ち合わせにいくという口実です。 ずっと、京都にいて、学生時代に、日展に3度入選 単身、ドイツに留学 結婚して、今は東京 さてどんな、デザインになるか? ということで、「神楽坂」で、夕食です。 毘沙門天のすぐ近くの ルグドゥノム・ブション・リヨネ http://www.lyondelyon.com/concept.php      ん~~~何でこんな覚えにくい名前にするのか? 南フランス「リヨン」の田舎料理 て感じから、工夫を凝らして、美味しいものに 南フランスの活気あふれる料理です。 前菜と主菜を選んで、え!それだけって感じですが、結構ボリュームで、 ワインも美味しいので(今回はローヌのワイン) なかまで、ワイワイするには、おすすめです。 隣の席と結構近くて、ちょっとうるさいのですが(お隣がお誕生日の御祝いの様子でいたので) 活気があって、いいよね!って方は、おすすめ、 ワイン(1本6000円くらい)が、2人1本、料理をちょっと追加して、一人8000円でした。 神楽坂ですから・・・・ 名前だけで、ちょっと高そうで・・・ 2次会は、やっぱり日本酒で 次回は、吉祥寺の「日本酒や」です。

Dsc_0981

Dsc_0982

ルグドゥノム・ブション・リヨネ

http://www.lyondelyon.com/concept.php

Dsc_0985

     ん~~~何でこんな覚えにくい名前にするのか?

南フランス「リヨン」の田舎料理 て感じから、工夫を凝らして、美味しいものに

南フランスの活気あふれる料理です。

1373798924096

   一番ベーシックな前菜の盛り合わせ 伝統の味って感じ

1373798956265

     アーティチョークとアサリのムース  新しい南仏の味

1373801362619

    海老のクリームソースに魚のすり身(あ!はんぺんですね)

1373801357808

   血のハムだそうです 柔らかいレバーパテみたいなもの

1373801411138

   甘鯛のポワレ

1373801460968

   ハチの巣(牛の胃)の煮込み(予想以上に美味しかった)

前菜と主菜を選んで、え!それだけって感じですが、結構ボリュームで、

ワインも美味しいので(今回はローヌのワイン)

なかまで、ワイワイするには、おすすめです。

隣の席と結構近くて、ちょっとうるさいのですが

    (お隣がお誕生日の御祝いの様子でいたので)

活気があって、いいよね!って方は、おすすめ、

ワイン(1本6000円くらい)が、2人1本、料理をちょっと追加して、一人8000円でした。

神楽坂ですから・・・・ 名前だけで、ちょっと高そうで・・・

2次会は、やっぱり日本酒で

次回は、吉祥寺の「日本酒や」です。

2013年7月 5日 (金)

ニューオープン ダイニング仁

いつもへべれけ
中年を過ぎた酒屋の三男坊 ボンです。
~~~~~
ビール祭りが好評のうちに終了した、伏見からお届けします。
今日は、新店情報です。
伏見区今町 豆腐料理「梅の花」の隣
以前は、こだわりの豆腐屋だった場所に
日本酒ダイニング「仁」が7月3日にオープンしました。
明らかに親子の男性2人が接客して
奥さんっぽい方が、厨房に・・・
日本酒を中心にした、和ダイニングです。
二日目にして、めぼしい日本酒は売り切れ
日本酒は、隣の藤岡酒造(家主だと思います)のお酒を中心として
純米酒の原酒中心に約10種類、

1372931072493

1372931076731

料理は 菜っぱの煮物は、手作りで、結構美味しかった。
後は、まだ2日目ですから、これからでしょう!
地鶏の照り焼きだけは、おすすめしません。
ごはんか麺類が欲しいかな?
個人的には、もっと伏見のお酒を置いて欲しいな!
純米酒の濃いものだけでなく、いろんなお酒も!
以前のお豆腐屋さんが結構こだわって、
壁や天井に自然の素材を使っているので、
落ち着ける雰囲気です。
新しく、オープンしたお店は、行っておかないとね!
あ!このお店は、中書島にあったお店が移転したのですね!
では、牡蠣が美味しいかも?

2013年2月 7日 (木)

祇園 白川の梅が咲き始めました

いつもへべれけ

中年を過ぎた酒屋の三男坊 ボンです。

~~~~~

春が少しずつ近づいている

今日は、祇園からお届けします。

 

白川の梅が咲き始めました。

 

1360213457122

1360213430835

お昼ご飯は、始めていく、イタリアンのお店です。

縄手新門前下ル西側3F「コンフォー」

1360210265258_2

すごくかっこいい店内、

 

お値段も800円から

 

私は、1500円のランチです。

 

前菜、パン、パスタ、デザート、コーヒー 

1360210565076

1360211004766

 

1360211895033

 

美味しそうでしょう?

 

ゆっくりできますので、デートなんかには、最高です。

 

     (グルメの方は、??? 見た目はいいのですが・・・)

2013年2月 4日 (月)

黒七味の原了郭がカレー屋を

いつもへべれけ

中年を過ぎた酒屋の三男坊 ボンです。

~~~~~

昨日の節分祭、長建寺も護摩を焚いているの書き忘れた・・・

伏見からお届けします。

黒七味って、知っていますか。

名前通り、真っ黒の七味です。

祇園の「原了郭」というお店で売っています。

お鍋に入れるとすごく美味しいので、

一度試して下さい。

色と違って、優しい味なので、隠し味に最高です。

今日は、原了郭が、祇園でカレー屋を開店

  縄手新橋上ル(旧重十兵衛寿司跡)

Dsc_0422

Dsc_0418

レトルトの普通のカレーに、黒七味をどっどと入れると

カレーが、すごく美味しくなるので、

これは、行ってみないと・・・・

少し、甘口のビーフカレー(945円写真は大盛り100円UP)

Dsc_0420

    食べる前に写真を撮らねばいけないのですが・・・

Dsc_0419

やっぱり、横に置いてある黒七味をたっぷり

一度行ってみて下さい。

ついでに、黒七味は、絶対買うべし!

京都・伏見神聖酒蔵 鳥せい 本店 のサービス一覧

京都・伏見神聖酒蔵 鳥せい 本店
  • TEL050-3477-4673