プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

老舗酒蔵の三男(と言っても五十代)通称「ボン」と申します。伏見の地でかれこれ、三百三十年、江戸時代の初期より商いをしております。
といっても、伏見のことは、とんと無知で、これから勉強して行こうと思っています。
お酒のこと、伏見の歴史、伏見の楽しみ方を、お伝えしていきたいと思っていますので、これからも宜しくお願い致します。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

お客様 Feed

2016年4月 6日 (水)

フランスからお客様 

いつもへべれけ
中年を過ぎた酒屋の三男坊
ぼんです。
 鳥せい本店(駐車場)の八重の椿も満開です。
  (同じ木に赤白麩入りの3色の花が咲きます)

Img_1488

先日 フランスのお客様がお抹茶の体験をしたいと
祇園の「ぼん」に

Img_1478

鳥せい本店にも来られました。

Img_1483

楽しんで頂けたかは、言葉が通じないので
判りにくいし 日本のお客様と違って
すごく、マイペースなので 
でも、楽しそうなのは間違いありません。
鳥せいでは、突然、合唱が始まって
周りのお客様まで、観客に・・・
そして、突然バナナを持って来てと・・・
ないとお断りしたら、今度は、きゅうり!?
きゅうりをみて、これでは小さすぎる!と
いったい何をしたかったのか???
フランスの、下ネタも見てみたかったかな?
本当にマイペースで、同行した案内人は
半分切れかかっていたのですが
たのしい方々でした。
外国の方が日本の文化に触れる
 思い出を作っていただけたでしょうか?
 
 言葉が通じないのと、習慣が違うのは、簡単には慣れませんね!
 唯一、世界中、酔っ払いは一つなので、
 酔うと、なんとなく友達になれます。
 酒は世界共通の仲良くなる魔法の薬ですよね!!
 さ!今日も飲みましょう!!
 本当に疲れました。
 意思を伝達するのが難しいと、
 本当に心が疲れます!! 

2015年5月 9日 (土)

母の日に一番感謝の気持ちが伝わるプレゼント

いつもへべれけ
中年を過ぎた酒屋の三男坊 ぼんです。
~~~~~~~~
5月10日(日)明日は、母の日ですね!
昨年秋に、友達のお花屋さんが、伏見の清和荘の向かいに
オープンしました。
鉢植えの花専門ですが、安くて、良い花がありますので、
是非、買いに行ってください。
女性のご主人が親切に対応してくれます。

Img_0650

Img_0651

~~~~~~~~
感謝の気持ちを最も伝えられるのが、花のようです。
 
男の私には、何の役にも立たない花が、喜んでもらえるなんて
 理解できないのですが、
 役に立たないものであるからこそ、
 気持ちが伝わるのすね!
  (もっと早く気づいていれば、良かったのですが・・・)
 人に気持ちを伝えるって、本当に難しいですよね!
 特に、異性には・・・
 ある人に言われました。
 異性と考えてはダメ!
 異星人と思わなければ!!
 全然違うもので、自分の尺度で理解しようとしてはダメですって!!!
~~~~~~
うんと奮発して、カーネーションだけではなくて、
 たくさんプレゼントしてみては??
 でも、母の年齢になると、花より団子かも?

2014年12月21日 (日)

人生カンニング最高!

いつもへべれけ


中年を過ぎた酒屋の三男坊 ボンです。

Img_0294     自宅のベランダで唯一咲いているお花です

=========

今日は、酒を飲まずに
経営の勉強会に行ってきました。
久々に、まじめに勉強して、
これいいな!って、思ったこと
「人生は、カンニングだ!」
~~~~~~~~~
社会にでると、
まず、先輩のやっていろことを
どうやってカンニングするか
これが大事になります。

先輩のやっていることを
見て、真似てみて、出来栄えを確認して
また、真似る。これの繰り返し、

ここで、大きな問題は、誰を真似るか?

先輩というより、師匠を誰にするかですよね!

人生、必ずしも、すべて、いい先輩であるとは、限りません。

会社という組織に属していると

特にそうですよね!

また、楽で、悪い先輩のほうが
真似やすいのです。

いい師匠に出会うことも、
人生では、大切ですし、
ある意味、いい師匠は、厳しいので
付いていくのは、大変です。

でも、とりあえず、真似てみる
悪ければ、やり直せばいいのですから、

結構、人生って、時間があります。

そして、それも、いい勉強になります。

~~~~~~~
でも、私の経験で
体を壊す前に、やり直すのも大切です。

前の会社で、自律神経失調、十二指腸潰瘍、
急性腎不全なんて、ことがありました。

そして、その時、心の中で誓ったのです。

「絶対、お客様より偉い人(上司)はいない。
お客様をほったらかして、自分の意思を通さない」

  「君は、何様だ!」といわれて
    「あなたは、お客様ではないはずです」なんて言わない。

こんな上司にさからうと、仕返しが厳しいですから・・・・

反面教師も、良い師匠です。

  
あ!愚痴になってきました。

人生カンニング最高!
いい人に出会って、徹底的に真似てみましょう!

=========


鳥せい本店のツイッターです。


お得な情報もありますので、フォローしてください。


https://twitter.com/torisei1976/favorites


フェイスブックも毎日更新中
https://ja-jp.facebook.com/pages/%E9%B3%A5%E3%81%9B%E3%81%84%E6%9C%AC%E5%BA%97/309344239227825

2012年10月24日 (水)

大分トキハ京都展 売り言葉について

いつもへべれけ
中年を過ぎた酒屋の三男坊 ボンです。
~~~~
ひと雨降って、少し秋が深まった大分からお届けします。
24日水曜日で 最終日
今日の私のおすすめは、
「阿闍梨もち」と「七味」

Dsc_0003_2

Dsc_0004

美味しいし、1個105円は、安い!
いつもは、午前中で売り切れるのですが、
今日は、もう少しあると思います。
山椒のきいた七味もおいしいです。
~~~~~~
今日は、暇だったので、周りを観察してみました。
接客用語って面白いです
思わず、すべて、メモってしまったので、
まずは 京都では、もっとも有名な、佃煮屋さんの
ちりめん山椒の売り言葉
明らかに、京言葉では全くない変なイントネーションで
   ======
「さ~~~あ いらっしゃいませ~
 さ~~~あ 試食中です
 さ~~~あ どんどん食べて
 さ~~~あ どんどん食べて
 はい、この青いやつ 美味しい山椒です
 
 ほんまの山椒は違います
 
 安い山椒は辛いだけ   (あたりまえやろ!)
 良い山椒やから 風味がある
 さ~~~あ どんどん食べて
 さ~~~あ 試食中です
 さ~~~あ ご飯におにぎりにかけて
 さ~~~あ どんどん食べて
 さ~~~あ お味見てください
さ~~~あ  ど~~ぞ ど~ぞ」
いったい何をお客様につたえたいかわかりますか?
ここは、有名な佃煮屋さんなのですが、
となりに、ちりめん山椒の専門店があるにもかかわらず、
ちりめん山椒ばっかり、大声で売っています。
   ======
次に、お豆屋さん
「この豆やらかいよ!  (柔らかい豆って、美味しいのかな?)
 じっくりたべて!  (じっくりって、どうするの?)
 これが人気ナンバーワン(POPに「人気No1」と書いています)
 ジャンボ豆
   (ジャンボ豆とだけ書いてあって、
    何が入っているかは不明、数種類混ざっている様子)
 柔らかいですよ
 中にピーナッツが入っていて  やらかいよ!
 ありがとう!  いらっしゃいませ
 京都のお豆屋さん 美味しいですよ!
この京都展で、何がしたいのか?
答えは、大分の人に、京都の・・・・佃煮や・・・・豆は、美味しいですよ。
京都に来たときは、必ず買って帰ってください。
こんな美味しいもののある京都に、きっと来てくださいね。
ということを、伝えたい ・・・・・・ のではなく
今日の予算をクリアーしたい!
そうそう、他人の振り見て、我が振りなおす  です。

2011年12月 8日 (木)

楽しく飲んで頂けるお店に

いつもへべれけ

中年を過ぎた酒屋の三男坊 ボンです。


今日も雨模様の伏見からお届けします。


鳥せい本店を、いつもご愛顧頂きありがとうございます。


楽しい仲間と 楽しく飲んで、楽しかった思い出を作って頂く。


いつも、言って頂きくことがあります。

来ている人みんなが こんなに楽しそうに飲んでいる店は あまり無いですよ。と

最高にうれしい誉め言葉です。


そうですよね。来てくれているお客様は、この店で、楽しい体験をしたことがあるから

遠くからでも来て頂けるのです。


そんな、事例がいっぱい出ている本が、出版されるそうです。

"安売りするな! 「価値」を売れ!"
       藤村 正宏
12月9日発売!


読んでから、また、報告します。

美味しいお酒を飲みながらでも、気軽に読める本です。


マーケティングに興味のある方。接客やセールスのお仕事をされている方は

一度読んで下さい。

2011年12月 1日 (木)

昔のポスター 芸姑さんの美人画清酒「神聖」

いつもへべれけ

中年を過ぎた酒屋の三男坊 ボンです。


お客様から、昔のポスターか送られてきました

整理していたら、出てきたそうです。

おそらく、昭和30年頃のポスターで、同じものは、

当社にも残っていません。

本当にありがとうございます。


大正から昭和の日本画家 木村斯光画伯の美人画です。

綺麗な芸姑さんの絵です。

一緒に、大徳寺 松屋藤兵衛(松風等の和菓子屋さん)の掛け紙も

送って頂きました。

昔は、本当に物を大切にしたのですね。

何かすごく嬉しいです。

京都・伏見神聖酒蔵 鳥せい 本店 のサービス一覧

京都・伏見神聖酒蔵 鳥せい 本店
  • TEL050-3477-4673