プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

老舗酒蔵の三男(と言っても五十代)通称「ボン」と申します。伏見の地でかれこれ、三百三十年、江戸時代の初期より商いをしております。
といっても、伏見のことは、とんと無知で、これから勉強して行こうと思っています。
お酒のこと、伏見の歴史、伏見の楽しみ方を、お伝えしていきたいと思っていますので、これからも宜しくお願い致します。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2015年9月 | メイン | 2015年11月 »

2015年10月

2015年10月29日 (木)

燗酒の美味しい飲み方

美味しい燗酒を飲む
最近燗酒は、飲まなくなりましたね!

2710_2

~~~~~~
その理由は、おそらく
家庭では、邪魔くさい!
  私の子供のころは、
  お母さんや子供が
  お父さんに言われて
  お燗番をしていました。
  残念ながら、今は自分でしなければいけない。
そして、居酒屋では、
  ○お酒を酌み交わす習慣が若い方を中心に
  嫌がられてきた。
   (無理やり先輩に飲まされる経験等々で)
  ○お銚子に移すので、銘柄がはっきりわからないので
  安酒が多い。
  そして、酒燗器といわれる、簡単に燗できる機械が
  できて、残念ながら、美味しくないときがある。
   (酒燗器は、スイッチを入れると
    機械の中のお酒を自動的に温めるタイプが多い。
    あまりお酒が出ないと、暖めたまま長時間おかれることがある)
こんな理由かな?
でも、日本酒の美味しくて、体に優しい飲み方としては
燗酒も、捨てられない!
~~~~~~
では、何が美味しいのか?
燗酒は、温度によって、味わいが大きく変わります。
温度によって、甘さの感覚は変わること
体温を基準として、熱くなると、甘さは、感じにくくなります。
  (冷たくなってもです)
その他の味覚は、あまり変わりません。
温度で、味のバランスが変わってくるのです。
この変化を楽しむのも、燗酒です。
例えば、甘口のお酒を熱燗にすると
甘さが消えて、辛口のお酒が好きな方でも
美味しく、感じます。
甘み以外の味わいが比較的強い
「きもと」「山廃」のお酒は、
熱くしすぎると、甘さが消えて、
酸味や苦みが浮き上がることがあります。
また、香りの良い吟醸酒なども
温度を上げすぎると、
味わいが消えて、香りを変に感じることがあります。
~~~~~~
さて、私のおすすめは、
甘口のお酒は熱燗に
「きもと」「山廃」「超辛口」は
ぬる燗で
できれば、一つのお酒を
いろんな温度で飲むと面白いですよね!!
お鍋の時に、徳利も一緒につけながら
秋の夜長に、ゆっくり飲むのも、美味しいですよ!!
「そんな汚いことせんといて!」
って、奥様が言われない家庭で
家族が食べ終わっても
一人で燗の温度を変えながら
ん~~さみしいかな?

御香宮神社 伏見五福めぐり

鳥せい本店の「伏見へ行こう!」のページで
毎回、伏見を紹介しています。
  今回は・・・
~~~~~~~~~~~
福を招く、伏見の5社寺を案内します。
  伏見「五福めぐり」
毎年 お正月 1月1日から15日に
朱印帳をもって、伏見の福を招く5社寺を
めぐるイベントをやっています。
(朱印帳と御朱印は有料 
 全部廻れば、記念品がもらえます)
福を招くといえば、七福神
そのうち 弁財天を祀る 「長建寺」
大黒天を祀る 「大黒寺」
勝ち運と馬の神様 「藤森神社」(ふじのもりじんじゃ)
勝負の神様 「乃木神社」
安産の神様 「御香宮」
幸運を招く、伏見の代表的な社寺です。
 当然 伏見には 他にも、たくさん社寺がありますよ!
========
今日は「御香宮」
鳥せいから、大手筋通へ出て東へ7分
 
通称「ごこんさん」と呼ばれ
地元に親しみ深い神社です。

2710

御香水の湧く 極彩色の本殿、

Photo

ここは女性の神様「神功皇后」を主祭神に祀る安産の神様。
入口の門は、伏見城の大手門を移したものです。
京阪 伏見桃山、近鉄 桃山御陵前駅に近いので
鳥せい本店に行く前に、お参りをしてから
また、昼呑みの方は、酔い冷ましに
(神社ですので、ばちは当たらないと思います)

2015年10月27日 (火)

伏見五福めぐり 乃木神社 

鳥せい本店の「伏見へ行こう!」のページで
毎回、伏見を紹介しています。
  今回は・・・
~~~~~~~~~~~
福を招く、伏見の5社寺を案内します。
  伏見「五福めぐり」
毎年 お正月 1月1日から15日に
朱印帳をもって、伏見の福を招く5社寺を
めぐるイベントをやっています。
(朱印帳と御朱印は有料 
 全部廻れば、記念品がもらえます)
福を招くといえば、七福神
そのうち 弁財天を祀る 「長建寺」
大黒天を祀る 「大黒寺」
勝ち運と馬の神様 「藤森神社」(ふじのもりじんじゃ)
勝負の神様 「乃木神社」
安産の神様 「御香宮」
幸運を招く、伏見の代表的な社寺です。
 当然 伏見には 他にも、たくさん社寺がありますよ!
========
今日は「乃木神社」
御香宮神社をさらに、東へ約15分
明治天皇陵(桃山御陵)の南側に有る
学業と勝ち運の神様です。

2710

2710_2

明治天皇陵(桃山御陵)も、めぐって、
約1時間の散歩道。

Photo

森林浴もできる、散歩道です。
勝ち運を授かって、鳥せいで、飲みませんか?

2015年10月23日 (金)

2015「酒蔵開き」日程決定 伏見銘酒協同組合

酒造りの季節到来です。

今回は、秋から冬のイベント情報をお届けします。

====================

2015「蔵開き」の日程

第1回 平成27年12月13日(日)

第2回 平成28年1月30日(土)

第3回 平成28年3月5日(土)

11:00~15:00

開催時間は、下記の予定をしております。   

(変更する場合がありますので、ご了承ください)

 

27103

 

 新酒の試飲が、試飲券200円の購入が必要となります。

 会場入り口右側の受付にてご購入下さい。

 搾りたての新酒と、当日限定の日本酒(当日発表)

 2種類をお飲み頂けます。

清酒販売コーナーでは、銘酒協同組合の四蔵の市販酒を試飲販売しております。

このコーナーでは、2種類のお酒を無料で試飲できます。

  (混雑緩和の為、今年より、2種類の試飲となりました)

 

鳥せい特製「かす汁」200円

 酒粕はかり売り 800g500円(一人10袋まで)

鳥せい名物のあつあつの「かす汁」、1杯200円で販売されます。

大人気の「酒粕」も800g500円(1人様10袋まで)で販売。

12月の酒粕は、大幅に数量を増やす予定。

11時より、販売予定です。

 (混み合う場合は、販売時間を早めることもあります。

  お客様のご意見により、あまり早く開場しないことと致します。)

蔵前の広場では、京都・伏見の産品などを販売しております。

 京野菜、京漬物(しば漬け)・京するめ(伏見藤森)酒まんじゅう・酒袋小物・塩昆布・生花 等販売しております。

毎年、来場者が増加し、混雑するかと思いますが、ぜひお越し下さい。

2015年10月22日 (木)

伏見五福めぐり 大黒天を祀る「大黒寺」と向かいの金札宮

 

鳥せい本店の「伏見へ行こう!」のページで
毎回、伏見を紹介しています。
  今回は・・・
~~~~~~~~~~~
福を招く、伏見の5社寺を案内します。
  伏見「五福めぐり」
毎年 お正月 1月1日から15日に
朱印帳をもって、伏見の福を招く5社寺を
めぐるイベントをやっています。
(朱印帳と御朱印は有料 
 全部廻れば、記念品がもらえます)
福を招くといえば、七福神
そのうち 弁財天を祀る 「長建寺」
大黒天を祀る 「大黒寺」
勝ち運と馬の神様 「藤森神社」(ふじのもりじんじゃ)
勝負の神様 「乃木神社」
安産の神様 「御香宮」
幸運を招く、伏見の代表的な社寺です。
 当然 伏見には 他にも、たくさん社寺がありますよ!
~~~~~~~
今日は「大黒寺」とその向かいの「金札宮
鳥せいから、北へ10分 伏見区役所の北100m
七福神の「大黒天」を祀る出世・開運の神様です。
いつもは、閉まっているようです。

 

Dsc05689 Dsc05690

大みそかの夜は、護摩がたかれていて、
お正月の五福めぐりの時期は、本堂が開いているようです。
向かいにある「金札宮」も一緒にお参りして下さい。
伏見が、小さな村の点在する時代から有る
最も歴史あり神社の一つです。
名前通り「金運」もアップ!
金札宮の境内にある「くろがねもち」の御神木には、
冬になると真っ赤な実が鈴なりに、
出世、金運間違いなしです。
Dsc05697

2015年10月21日 (水)

伏見五福めぐり 弁財天を祀る「長建寺」

鳥せい本店の「伏見へ行こう!」のページで
毎回、伏見を紹介しています。
  今回は・・・
~~~~~~~~~~~
福を招く、伏見の5社寺を案内します。
  伏見「五福めぐり」
毎年 お正月 1月1日から15日に
朱印帳をもって、伏見の福を招く5社寺を
めぐるイベントをやっています。
(朱印帳と御朱印は有料 
 全部廻れば、記念品がもらえます)
福を招くといえば、七福神
そのうち 弁財天を祀る 「長建寺」
大黒天を祀る 「大黒寺」
勝ち運と馬の神様 「藤森神社」(ふじのもりじんじゃ)
勝負の神様 「乃木神社」
安産の神様 「御香宮」
幸運を招く、伏見の代表的な社寺です。
 当然 伏見には 他にも、たくさん社寺がありますよ!
全部紹介すると、大変なので、今日は、「長建寺」
~~~~~~~~
 鳥せいから、南へ約3分大倉記念館を越えて、
橋を渡ると右手に赤い唐門が見えます。

Dsc05711

「弁財天」を祀る京都で唯一のお寺です。
女性の神様で、商売繁盛、諸芸上達
春は、早咲の桜 秋は、大イチョウ
ここでは、宝貝のお守りを授かりましょう。1

疎水沿いに歩けば、5分ほどで、「寺田屋」へ、

秋の散策コースにぴったりです。
十石舟の船着き場が対岸にある
ので、舟で伏見港まで行き来するのも良いですよ!
春には、特別公開があるそうですから
長建寺から、疎水沿い降りて 寺田屋までの
散歩道、NHKの朝ドラのロケにも使われた
幕末にタイムスリップしたような道です。

Photo              夏の画像です

元気があれば、そのまま疎水沿いの道を
伏見港公園まで、そこまでいけば、
中書島駅も近いので、酔い覚ましにふらふらいかがですか?
夜は、暗くて、怖いかもしれませんが・・・

2015年10月20日 (火)

たれ口入荷 11月1日

 

 

 

 

今年も酒造りの季節がやってきました

11月1 日(日)「たれ口」入荷 
同時に名物「粕汁」「酒粕鍋」も始めます。
鳥せいカードご入会の方等お送りする,DMを作成中です。
こんな内容です。

2710

 

1

27103

2710_32710_4
私も送ってほしいという方は、鳥せいカードにご入会下さい。
そして、たまには、鳥せい本店に!

京都・伏見神聖酒蔵 鳥せい 本店 のサービス一覧

京都・伏見神聖酒蔵 鳥せい 本店
  • TEL050-3477-4673