プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

老舗酒蔵の三男(と言っても五十代)通称「ボン」と申します。伏見の地でかれこれ、三百三十年、江戸時代の初期より商いをしております。
といっても、伏見のことは、とんと無知で、これから勉強して行こうと思っています。
お酒のこと、伏見の歴史、伏見の楽しみ方を、お伝えしていきたいと思っていますので、これからも宜しくお願い致します。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2014年9月 | メイン | 2014年11月 »

2014年10月

2014年10月31日 (金)

秋の号 「鳥せいニュース」

いつもへべれけ

中年を過ぎた酒屋の三男坊 ボンです。

========

秋の鳥せいニュース
DMでお送りした鳥せいの情報お届けします。
========
26101

2610a3_y_

 

26102

1 1 月   日(土)「たれ口」入荷
 同時に名物「粕汁」「酒粕鍋」も始めます。
料理長のおすすめ
大きくなった「手羽唐」
 520円
  
  食べやすいように、割っていたのですが
  それより、豪快にかぶりついたほうが
  手羽先は、うまい!!
  量を増やして、復活です!
冬の定番「うす造り」
 760円
  厳選むね身を湯引きして、
  てっさ風に薄く、
  あっさりした日本酒には
  最高です。
鳥せい名物「かす汁」
 330円 
 味噌を入れない本格的「かす汁」
 具だくさんで鶏と昆布の出汁が美味い!
 ランチには、プラス100円で
 おみそ汁がかす汁に変えられます。
   ほんとあったまりますよ!!
おすすめ酒カクテル
ほっとカルピス(お酒です)
 450円
  心からあったまる
  ちょっと濃い目の
  懐かしい味が美味しいよ!!
◎味噌鍋
 冬のイチオシといえば 「鶏のお造り」と、やはり
鍋物です。鳥せい本店で鍋物といえば、「酒粕鍋」
ですが、今回は「味噌鍋」についてご紹介します。
鳥せい本店の「味噌鍋」の出汁は、毎朝鶏ガラを
煮込んで作る濃厚スープに、京都の白味噌を入れて作っています。聞くだけで、体が 温まるでしょ? 鶏ガラから溶け出したコラーゲンが含まれ、また骨の内部から数種の
ビタミンが出てきます。大変お肌に優しく、女性の方にはぜひ召し上がって頂きたいです。
また、旨味成分といえば、グルタミン酸・イノシン酸・グアニル酸ですが、その3種類が
含まれており非常にコクのあるものに仕上がっております。今冬ももちろん定番の
「酒粕鍋」を召し上がって頂いて、合わせて「味噌鍋」もどうぞお楽しみ下さい。
★龍馬祭開催★
11月16日(日) 11:00~16:30
竜馬通り商店街で楽しいイベント開催! 鳥せいも出店します!!!
 ========
終日禁煙のお知らせ
11月1日より、鳥せい本店全席(一部個室を除く)は、終日禁煙になります。
新たに喫煙室をご用意いたしますので煙草は喫煙室にてお吸い下さい。 
 ========
 
鳥せい本店のツイッターです。


お得な情報もありますので、フォローしてください。


https://twitter.com/torisei1976/favorites


フェイスブックも毎日更新中
 
https://ja-jp.facebook.com/pages/%E9%B3%A5%E3%81%9B%E3%81%84%E6%9C%AC%E5%BA%97/309344239227825

2014年10月30日 (木)

鳥せい本店11月1日より終日禁煙です

いつもへべれけ


中年を過ぎた酒屋の三男坊 ボンです。

~~~~~~~~~~

鳥せい本店は、11月1日から、全席禁煙になります。
(一部、個室のご予約席を除く)
鶏の焼き台のダクトが吸い込む空気で、
風が横に流れるので、隣ですっている煙草の煙が・・・
お客様からの再三のお叱りで・・・・
煙草を吸う人の権利と
吸わない人の権利
どちらが強いかというと・・・
昔は、吸う人の権利が強かったのですが
今は、吸わない人の権利が強くなる。
で、分煙を一生懸命考えたのですが
どうやってもうまくいかないので、
仕方なく・・・
焼き鳥屋でそんなことをすれば
愛煙家のお客様を・・・
実は、どうしようって、二年ほど考えたのですが、
で、結構居心地がいい喫煙室を作りました。

Img_0144

Img_0141

で、でも、2階のお客様は、喫煙室まで、遠い
案内図を作って、
でも、喫煙室から、自分の席までの
地図は、無い。
煙草を吸い終わって、
さて、私の席はどこ?
ん~~ 
どうしましょう????
ということで、今週の土曜日から
鳥せい本店は、全席禁煙です。


鳥せい本店のツイッターです。


お得な情報もありますので、フォローしてください。


https://twitter.com/torisei1976/favorites


 

========

2014年10月24日 (金)

日本酒ができるまでと鳥せい本店のお酒 簡単に説明

いつもへべれけ 

中年を過ぎた酒屋の三男坊

 ぼんです

======

=======

さて今日は、

「日本酒ができるまで」と「鳥せいのお酒」

以前に、前半を書いて、翌日パソコンがパンクして

再度、再度

======

2610

上の説明の中で鳥せいのお酒はこんなふうです。

  詳しくは↓

http://k006500.blog.gnavi.co.jp/blog/2014/10/post-e0ef.html

2610_2

*たれ口

 搾り機の口から出てきたお酒をそのまま味わえます。

 酵母菌が出す炭酸ガスがわずかに残っているのも何の手も加えていないから、深い味わい、搾りたての香りが特徴です。 (搾りによって味は多少変化します)
アルコール度数も、無調整で 他のお酒に比べて高いので
呑みすぎには注意! 必ず水を横に置いて!

*原酒

 

 出来立てのお酒を一度濾過しています。ごく少量の活性炭を入れて
濾過することによって、不純物を取り除き 熟成をさせずに
生のまま冷蔵保存します。たれ口と同じく、深い味わい搾りたての
香りが特徴ですが、たれ口より、整った口当たりになリます。

*松の翆

 お米を半分以上削って、良い香りを出すために低温で長期間発酵させる
特別の仕込み方(吟醸仕込み)をした純米大吟醸酒です。お料理との相性を
大切にしていますので、ひと夏熟成させ味を調えてから、瓶詰めしています。

*花清水

 酒造好適米「山田錦」を100%使用し お米を60%精米(40%削って)した
吟醸酒です。搾った時のアルコール度数そのままの原酒です。(17度)
香りを大切にしていますので、搾ってすぐに瓶詰めして冷蔵保存しています。

*鐡斎

 蔵人たちが、「自分が飲むならこれが一番」といって造ったお酒です。
65%精米して、吟醸酵母を使い、辛口でキレの良いお酒に仕上げました。
熟成の工程をふんで、更に、バランスの取れたお酒になっています。
燗酒は、どんな料理とも相性の良い、蔵人一押しの味です。(冷酒も!)

*水のしらべ

 精米60%の吟醸酒です。熟成の工程で、更に繊細で飲みやすく、
最も軽快で滑らかなタイプのお酒に仕上げました。野菜料理等のあっさり
した料理との相性が抜群! 本当に飲みやすいお酒です。(アルコール度14.5%)

*かぐや姫

 やや甘口の口当たりの良い純米酒(アルコール度14.5%精米60%)です。
甘口のお酒は、甘さをあまり感じないように冷たくすると美味しいので
凍った竹筒に入れた、「竹筒入り」(1000円)をお勧めします。
甘さが消えてすっきりした味になります。

*柚子想い

 日本酒で造るカクテルは、アルコール感が全くしません。
日本酒と天然柚子果汁に甘さを加えた「柚子想い」は、香りのよい柚子ジュース
としか思えない。柚子の薫り高いお酒です(アルコール度数6.5%)

続きを読む »

2014年10月23日 (木)

DMが届いていない方へ 「伏見に行こう」

いつもへべれけ 

中年を過ぎた酒屋の三男坊 

「ぼん」です

~~~~~~~~

パソコンの調子が悪くて、

ブログの更新ができていなくて申し訳ありません。

久々の更新です。

DM昨日発送しました。

お届けできていない方に、

内容をブログでお知らせします。

今回は、「そうだ!伏見に行こう

私のお勧めする、伏見をご案内

伏見って、京都ですが、京都ではない

都の南に位置する

桃山時代は、城下町

江戸時代は、宿場町(内陸の港町)

今は、酒蔵の町でもあります。

京都の中心とは、ちょっとだけ違います。

=======

そうだ!伏見に行こう 昨年版

Photo

今年版

2610

案内地図1

2610_2

案内地図2

Photo_2

=======

鳥せい本店と

蔵開き会場(11月30日11:00~15:00)

にて、置いています。

お昼に鳥せいで一杯飲んで

帰りに散策、いかがでしょうか?

続きを読む »

2014年10月12日 (日)

チーズの日 

11月11日はチーズの日です。
知っていますか?
友々ぼんでは、チーズの日に
チーズソムリエの和泉さんと
チーズのと日本酒のマリアージュ
「めしませチーズ」を開催します。
チーズと日本酒って、結構会うのですよ!
今年は、麹を使って・・・
古酒でウォッシュしたチーズ
ハーブティーをお酒の口直しに
なんて検討しています。
搾りたての新酒を含めた4・5種類
チーズは、十数種類
参加費用は、3500円
時間は、17:30~ と 19:30~
各時間15名限定
きっと楽しい時間になると思いますので
興味のある方は、お電話を
連絡先 友々ぼん 電話075-532-0121
(転送電話になっていますので、出るまで少し時間がかかります)

2014年10月 7日 (火)

日本酒ができるまで

いつもへべれけ


中年を過ぎた酒屋の三男坊 ボンです。


 

========

秋のDM 作成中です。
鳥せいのスタッフにお酒の基礎知識を教えたいとの声があったので、
お酒ができるまでの基礎知識を、本当に簡単に書いてみました。
こんなのです。

2610

日本酒って、不思議な飲み物です。
お米と水が主原料なのですが、
味は、お米の味ではないですよね!
西洋のお酒は、ワインは、ブドウ
ビールは、ホップの味だし
ウイスキーも、木樽やピートの香りが主です。
日本酒は、米の味がします?
で、お酒のできるまで、本当に簡単に
*お米 お酒を造るお米は、外側をより削ります。
    米の外側には、ご飯で食べると旨みでも
    お酒にすると味の邪魔になるタンパク質や
    脂質等が多いからです。吟醸酒がより磨いた
    お米を使うのは、繊細で口当たりの良いお酒を
    造るためです。
*蒸し  酒造りは、お米を蒸すことから始まります。
    お酒になるまでの間(長いものは1か月)
           むらなく発酵できるように外側を固く、
    内側は柔らかく蒸し上げることが大切です。
          そのために、お米に含まれる水分量は厳格に
    調整されます。これが酒米の蒸し方の特徴です。     
*酒母(しゅぼ)(酛ともいいます)お酒を造るアルコールは、
    酵母菌によって、造られます。酵母菌が、 糖分を食べて、
    アルコールと二酸化炭素に分解する。
    この酵母菌を育てたものを酒母といいます。
     以前は、蔵の中の様々な菌を取り込んで造りましたが、
    今は、日本酒造りのために造られた 酵母を
    使うことが多くなってきました。
*もろみ 出来上がった酒母と麹、そして、米と水 
    いよいよお酒を仕込みます。1日目、酒母と麹と米
     と水を樽に投入(添えといいます)。
    2日目、酵母菌が十分に増殖するのを待ちます(おどり)。
     3日目、さらに米と麹と水を投入(なか)。
    4日目、最後に米と麹と水を投入し全量にします(とめ)。
     これからは、櫂入れ(かき混ぜる)と
    温度の調整だけしかできません。酒樽の中では、お米が
     麹菌の酵素で糖分に分解され、その糖分を酵母菌が
    アルコールと二酸化炭素に分解する
     この工程が1つの樽の中で繰り返されます。
    日本酒の特徴的な作り方の一つです。

*上槽 出来上がったお酒を搾ることを上槽(じょうそう)といいます。

    日本酒の出来上がりです。

     普通のお酒で約2週間から20日、大吟醸酒は 

    約1か月をかけて、発酵が終了します。

     酵母と麹がその間に、お酒の複雑な味を作り出すのです。

     搾り機の口から出てきたお酒を、そのまま味わえるのが 

    鳥せいの「たれ口」です。

*熟成 出来上がったお酒は、濾過され、熟成の工程に入ります。

    酒樽の中で、ひと夏過ごすことによって、 味わいが深まります。

    (味わいを深めることを 「ひやおろし」や「秋上がり」といいます)

簡単すぎると思われる方は、ホームページで酒類総合研究所から

お酒の情報 情報誌「お酒の話」の「清酒」を見ると、

詳しく解りやすく書かれています。

http://www.nrib.go.jp/sake/sakeinfo.htm

   

~~~~~~~~
鳥せい本店のツイッターです。


お得な情報もありますので、フォローしてください。


https://twitter.com/torisei1976/favorites

2014年10月 5日 (日)

伏見でJAZと日本酒イベント開催

いつもへべれけ

中年を過ぎた酒屋の三男坊 ボンです。

鳥せい本店のツイッターです。

お得な情報もありますので、フォローしてください。

https://twitter.com/torisei1976/favorites

~~~~~~~~~
今日、伏見で、ジャズで日本酒を
イベント開催しました。

Img_0045

会場は、鳥せい本店を南へ50mの当社の酒蔵
納屋町商店街、風呂屋町のお店 桃山78
3か所です。
酒蔵では、ジャズコンサートと
日本酒の有料試飲
焼き鳥や、かまぼこ、昆布
酒器の販売 等々
伏見のゆるキャラも登場して

Img_0035

ミニお祭り気分です。
 ほろ酔いでジャズは楽しいですよね!
 できれば、ゆっくり座って、テーブルの上に料理とお酒で
 昼間から、酔っ払いがうれしいのですが、
 残念ながら、そこまでスペースがなくて・・・
 椅子も無くて
鳥せいも、大行列ののはずが・・・
 実は、テレビの取材で「行列のお店」ということで
 今日なら、間違いないと来ていただいたのですが・・・
 いつもより少ない・・・
 台風ですものね!

2014年10月 4日 (土)

10月末にお届けするDM作成中です

 

いつもへべれけ

中年を過ぎた酒屋の三男坊 ボンです。


~~~~~

涼しくなった、祇園からお届けします。

Img_0012 Img_0008

      川沿いの浮揚の花が綺麗です
~~~~~~~~~
酒造りが、始まって、伏見はバタバタしていますが
祇園はのんびり、土日の午後はハーブティーのティータイムやっていますので
ぜひ来てください。
私は、先週から、今月末に出す、DMの原稿作成で大忙しです。
「そうだ伏見に行こう」のページは、伏見稲荷と平等院を追加
スタッフにも、酒造りを教えなければって、言ってたので
お酒造りの簡単な説明と、鳥せいで飲めるお酒の説明
そして、隅っこにちょっとだけ書かれていますが
11月1日より、鳥せい本店は、終日禁煙(一部個室を除く)になります。
喫煙室を増設していますが、タバコを吸われる方には
本当に申し訳ありません。
それから、「たれ口」情報
今年のしぼりたて新酒「たれ口」は11月1日から飲めます。
同時に、粕汁と酒粕鍋も
隣の販売処では、たれ口720mlも発売します。(720ml1400円(税別))
たれ口直送の発送開始は11月5日です。
鳥せい天満橋店では、11月1日~7日「新酒まつり」
日本酒を飲んだお客様に抽選で、5000円のお食事券、たれ口300ml、一品、粕汁券が当たる。
~~~~~~~
そして、「蔵開き」は11月30日(日)と3月1日(日)に決定
今回の試飲は、200円で、「たれ口」とその日の限定酒(当日発表)の2種類です。
おおまかに、こんだけのことを、DMでお送りします。
全部で、10枚くらいのDM内容です。
私もほしいなっと思ったら、
鳥せい本店に来て、鳥せいカードに入会してくれるか
今すぐ、山本本家のお酒をネットで、購入すると
届きます。(きっと)
~~~~~~~~
鳥せい本店のツイッターです。

お得な情報もありますので、フォローしてください。


https://twitter.com/torisei1976/favorites

フェイスブックも鳥せい本店毎日更新しています。

京都・伏見神聖酒蔵 鳥せい 本店 のサービス一覧

京都・伏見神聖酒蔵 鳥せい 本店
  • TEL050-3477-4673