プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

老舗酒蔵の三男(と言っても五十代)通称「ボン」と申します。伏見の地でかれこれ、三百三十年、江戸時代の初期より商いをしております。
といっても、伏見のことは、とんと無知で、これから勉強して行こうと思っています。
お酒のこと、伏見の歴史、伏見の楽しみ方を、お伝えしていきたいと思っていますので、これからも宜しくお願い致します。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2013年6月 | メイン | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月31日 (水)

祇園のお店「友々ぼん」の厨房です さらっぴんは気持ちいいですね!

いつもへべれけ
中年を過ぎた酒屋の三男坊 ボンです。
~~~~~
今日も 小雨の伏見からお届けします。
祇園で始める新しいお店の
今日は厨房の引き渡しです。
さらっぴんの道具は、きれいですね。

Dsc_1072

   ん~~~ 請求書が怖い!!!
仕入れ担当が高いものを買いすぎかな?
なんて、個人的に思っています。
前に見えるカウンターも3回塗り直しの
カシュウ漆です。
めっちゃ、良い雰囲気です。
オープンしたら、来て下さいね。
祇園のゆっくり流れる時間をあなただけに
ん~~~~ 立ち飲みスペースもあるので・・・・・
~~~~~
そうそう、トイレのマークまで、特注です。
ロゴマークを色分けして・・・ 陶器を焼いてもらいます。

1_3

2013年7月29日 (月)

もう、秋の準備です

いつもへべれけ
中年を過ぎた酒屋の三男坊 ボンです。
~~~~~
なんとなくけだるい 小雨の伏見からお届けします。
鳥せい本店は、今日お休みです。

暑い夏ですが、もう秋の準備

東武百貨店宇都宮店 京洛老舗の会 11月14日~20日5階イベントプラザ

準備総会です。

出店業者全員集まって、打ち合わせです。

調度、しぼりたての「たれ口」が出る時期なので

たくさんのお客様に来ていただけます。

お酒に、毎年違ったものってあまりないのですが、

でも、楽しい、情報をお客様に提供しなくてはって

いつも思って、結局そのままに

ダメですね。

あ!今年は、忙しくて 行けないかもしれないし・・・

~~~~~

さて! 今年のお酒は、何を作ろうかな!

2013年7月28日 (日)

本醸造が一番美味しいという人

いつもへべれけ
中年を過ぎた酒屋の三男坊 ボンです。
~~~~~
暑い      伏見からお届けします。
 
日本酒好きの方とお話ししていたら、
 
みんな、純米酒とか吟醸酒とかいわはるけど
 
 
私は、本醸造が一番好き!!
 
 
お酒のことをよく知っておられる方です。
 
 
吟醸酒とは、米の芯だけを使って、
 
低温で、長期醗酵させ、できるだけ、味を出さず(すっきりした味にする)
 
果実や花のような、華やかな香りを出す特別の作り方です。
 
 
そう!見方によっては、味に厚みのないお酒です。
 
 
そして、純米酒
 
これは、お酒を絞る寸前に醸造アルコール(焼酎)を添加していないものです。
 
醸造アルコールを入れることによって、香り成分を抽出して、
 
味を調え安定させる役割があります。
 
 
純米酒は、そのお酒を美味しくする工程を省いているものです。
 
 
おんなじお酒で、アルコールを添加したものと、していないものと比較すると
 
アルコールを添加したものの方が、一般的に美味しくなります。
 
 
ただ、一般的に多数を占めていた醸造アルコールが入っているお酒に対して
 
地蔵が、差別化するために、純米酒が本当の酒であるということにした様です。
 
 
鳥せいでも、冬の定番「たれ口」も、ほとんどが、アルコール添加のお酒を出しています。
 
その方が、明らかに美味しいからです。
 
 
百貨店の試飲会でも時々販売するのですが、
 
ある年、純米酒を販売して、その翌年、売り上げが三割ほど落ち込んだことがあります。
 
 
本醸造をいつも飲むというのは、さすがです。
 
 
でも、蔵元や、その酒の出来によって、いろいろですから・・・・・
 
 
そう!純米酒だ  って言っている蔵の多くは、美味しいお酒を一生懸命作っている蔵が多い!
 
 
第一、好みですから・・・・・
 
 
みなさん、人の意見に惑わされずに、
 
美味しいお酒を飲みましょう!
 
 
あ!お酒のブログですから、たまには、お酒のことを書かなければね!
 
でも、このページを見れば、結構わかりやすく、みんな書いてあるので・・・・・
      酒類総研 お酒の情報http://www.nrib.go.jp/sake/sakeinfo.htm
 
コピペはしたくないし・・・

弁天祭り 7月第4日曜 護摩がたかれます

いつもへべれけ
中年を過ぎた酒屋の三男坊 ボンです。
~~~~~
曇り空の 伏見からお届けします。
 
毎年7月の第4日曜日(今年は7月26日)は、
 
中書島 長建寺(十石舟船着き場の向かい)で
 
弁天祭りがあります
 
昔は、出店が出て、子供たちが弁天ばやしというお囃子を演奏して
 
今でも 夜に、護摩がたかれます。
 
7:30から行われますので、
 
見に行ってください。

2013年7月27日 (土)

伏見7商店街夜市 毎年7月最終金曜日 満足です

いつもへべれけ
中年を過ぎた酒屋の三男坊 ボンです。
~~~~~
今年は、熱いので、蝉も何か元気のない声で鳴いている 伏見からお届けします。
 

Dsc04042

毎年7月の最終金曜日は、伏見7商店街の夜市 
 
今年は、昨日24日(金)でした。
 
子供のゲームや、出店がでます。
 
 
夜店も、商店街の各店が出るので、安くて美味しい!
 
生ビールも300円
 
今年は、大手筋で、日本酒も出ていました。
 
 
鳥せいも、中書島の公園で焼き鳥を焼いています。

Dsc_1061

Dsc_1059

 
 
大手筋で、ゲームを 納屋町で、食べ物を
コンサートもあって

Dsc_1064

 
 
すっごく安くて、楽しめますので、絶対行くべし!
 
次は来年ですが!!!
 
 
昨日の 私は、
 
中書島の公園で、
 
   生ビール 300円
 
   厚切りベーコン 300円
 
納屋町で
 
   生ビール 300円
 
   玉こんにゃく串×2 200円
 
   チラシ寿司 300円
 
大手筋との角で、コンサートを見て
 
 
   愛ビール 300円
 
 
大手筋で
 
   妻が、かき氷 500円
 
 
   京極屋酒店前で私が
 
   日本酒2杯  300円
 
   サンドイッチとパン 500円
 
 
ん~~~~~もう飲めね~食えね~
   一人1000円ちょっとで

2013年7月24日 (水)

暖簾 長さを決めるのもたいへん

いつもへべれけ
中年を過ぎた酒屋の三男坊 ボンです。
~~~~~
朝から雨で、涼しい伏見からお届けします。
祇園のお店の暖簾のサイズをどうするか?
布が高いので、失敗は許されないということで
紙で作ってみました。

Dsc_1033_2

もう一度、「麻小路」(麻布専門店)へ

Dsc_1045

Dsc_1043_2

   かわいい麻の小物も置いてあります

もう少し長い目に、ということで
私には10cmの違いはようわかりませんが、ちょっとした違いで
バランスが違うようです。

2013年7月23日 (火)

手作りの明かり 唐紙の照明

いつもへべれけ
中年を過ぎた酒屋の三男坊 ボンです。
~~~~~
朝にたれ口の発送作業をしていて汗だくの伏見からお届けします。
中書島の絶品イタリアン「センプリチェ」(ん~~覚えにくい名前!)に
行ってきたのですが、今日は、ゲストと一緒なので
写真をパシャパシャ撮るようなかっこの悪いことやめて!
と・・・・  でも、あんまり宣伝すると、予約が取れなくなってしまうので
これくらいがちょうどかな?
メインの料理以外は、最高です。
(メインが美味しくないと言っているのではなく・・・素材が・・・)
=====
で、祇園の新しいお店の照明を買いに
 
唐紙の丸二さんへ
 
 
バルのカウンターに置く、小さな照明をこれに決めました。
 
ちょっと高いのですが、やっぱり、手作りのものが良いです。
 
 
暖簾の布も「科布」で・・・・高いけど・・・

2013年7月21日 (日)

秋の旬のメニュー 鳥せいではないのですが

いつもへべれけ
中年を過ぎた酒屋の三男坊 ボンです。
~~~~~
 
薄曇りの 伏見からお届けします。
 
祇園の新しいお店で出す、秋のメニュー開発会議中です。
 
オープンは、突然、9月4日にする!
 
誕生日だから・・・
 
ほんまにできんのかな?
 
私の意見は、ほとんど通らないので、
 
ブログを書いています。
 
 
メニューの案は、3品
 
鴨ロースの煮込み
 
おでん
 
 茄子
 おくら
 とりそぼろと蓮根のひろうす
 
赤万願寺と
子持ち鮎 
 
 
さて、どのようになるか、
 
こうご期待!!

暖簾を作る 「科布」(しなふ)

いつもへべれけ
中年を過ぎた酒屋の三男坊 ボンです。
~~~~~
良い天気の 伏見からお届けします。
祇園の新しいお店の暖簾の生地を買いに麻布屋に
堀川御池西入るの「麻小路」へ、
麻の暖簾は、魔を祓うということで
縁起がいいと、暖簾には、よく使われるのですが、
長持ちはあまりしないので・・・・
鳥せい本店の暖簾は、
2・3年で、ぼろぼろになります。
で、夏は、麻の生成りで
冬は、木綿で、染め抜きにしようかな?
科布」(しなふ)という布が生成りの色がよくってと
すごく自然の色合いが綺麗なので、これ!っと思ったのですが・・・

Dsc_1023

え!1m2万4千円!!!  高っ!!!
でも、ちょっと小さくしてでも、使いたいですね!
でも、でも 高い! 普通の麻の10倍の値段

Dsc_1024

=======
ということで、夕食を近くのお店で
行き当たりばったりで探して
1軒目は、ベトナム料理

Dsc_1026

Dsc_1027_2

2軒目は、新しくできたピザ屋へ

Dsc_1029

Dsc_1028

ん~~ ちゃんとリサーチせんと、おすすめできるお店には、行けません。
美味しいんだけど・・・ちょっと高い 惜しいんだけど・・・・

2013年7月19日 (金)

「遊ばざるもの働くべからず」ってセミナーに行ってきました

いつもへべれけ
中年を過ぎた酒屋の三男坊 ボンです。
~~~~~
ちょっと 過ごしやすい 伏見からお届けします。
東京の最終回です。
朝は、三鷹の森のすぐ近く「むさい」という喫茶店で モーニング

Dsc_0990

1373847424632_2

井の頭公園(三鷹の森)のすぐ近く、
こんなところに住んでみたいな!って感じの住宅街です。
~~~~
で、今回の目的の一つ、
藤村正宏 エクスマ塾の同窓会です。

1373856194214_2

「遊ばざるもの仕事するべからず」
って、感じのマーケティングセミナーですので、
朝から、ビール、昼からは、私の持っていった酒で・・・・

Dsc_0992_2

でも、勉強しながら、遊ぶっていうか、
楽しみながら、勉強するって、私は大好きです。

1373879994461

10年前では、全く無かったインターネットに関わる仕事を
どんどんやっています。
お客様に楽しんで頂ける雰囲気って、
自分が楽しくないと出来ないですよね!
でもそのために、ここに来ている人達って、
嫌々仕事している人達より
何倍もやっているし、何倍も勉強しています。
私は、酔っぱらっているだけですが・・・
がんばろう!!!
ということで、帰りの新幹線の間にもう1件
銀座「かん」(KAN)で、もう一杯!

Dsc_0994

Dsc_0995

Dsc_0996

Dsc_0998

京都・伏見神聖酒蔵 鳥せい 本店 のサービス一覧

京都・伏見神聖酒蔵 鳥せい 本店
  • TEL050-3477-4673