プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

老舗酒蔵の三男(と言っても五十代)通称「ボン」と申します。伏見の地でかれこれ、三百三十年、江戸時代の初期より商いをしております。
といっても、伏見のことは、とんと無知で、これから勉強して行こうと思っています。
お酒のこと、伏見の歴史、伏見の楽しみ方を、お伝えしていきたいと思っていますので、これからも宜しくお願い致します。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2012年12月 | メイン | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月31日 (木)

中村楼 老舗の名物

いつもへべれけ

中年を過ぎた酒屋の三男坊 ボンです。

~~~~~

八坂神社南門の「中村楼」で、新年会です。
歴史のあるお料理屋には、必ずといっていいほど、名物があります。
ここは、豆腐の田楽が名物です。

1359542130330

門前のお茶屋だった頃のなごりだそうです。
何でもないものですが、残しておくのが、老舗の証なのです。
1359540147928
ちなみに、
瓢亭は、半熟卵、
山端平八亭は、麦とろ飯、
お菓子では、
鶴屋吉信は、ゆう餅
=======
芸舞妓の踊りを見ながら、酒を飲む!
最高です。

1359539392942


京都でしか出来ない、遊びの一つ。
文化ですね。

2013年1月30日 (水)

居酒屋のつまみを劇的に旨くする

いつもへべれけ

中年を過ぎた酒屋の三男坊 ボンです。

~~~~~

本屋で、面白そうな本があったので、買ってきました。

「居酒屋のつまみを劇的に旨くする技術」

Dsc_0413

2杯目からは、日本酒にしようとか、

豆腐で、舌をリセットしてとか、

結構役に立つことも書いてあります。

   

一つだけ、本醸造酒は、味がべたついて、美味しくない。

純米酒の方が、味があっさりして、美味しいと書かれています。

   

ここだけは、間違い。少なくても、純米酒の方が味の濃いのは当たり前ですし、

アルコール添加したお酒が、べたついて飲みにくければ、

焼酎は、べたべたで飲めたものではないと言うことになります。

   ~~~~~~~

ま、いろいろな意見があるので、それはそれで良いのです。

そして、この本の最後の結論、

居酒屋で最高に料理を美味しくする方法は、

気の利いたことをしゃべる、かわいい女性のいるお店に行くこと

ん~~~ これは間違いない!!!!

梅田阪急百貨店 吹上舎

いつもへべれけ

中年を過ぎた酒屋の三男坊 ボンです。

~~~

新しくなった、梅田阪急百貨店に来ています。

目的は食堂街 「吹上舍」で鳥料理のランチです。

すいているとの声の中、

平日1時すぎに、ほとんどのレストランが並んでいます。
お目当てのお店は、親子丼の、お店、

ここのそぼろ丼1500円が目当て、

味は、普通のそぼろ丼なのですが、

トッピングを工夫して、1500円にする。

Dsc_0406

Dsc_0405

Dsc_0404

参考になったかは別として、さすが阪急百貨店、集客力が違います。

みんな、いっぱい袋を持って・・・

そうです。ここでは、ハッピーターンを買うのに、並ばなければいけないのです!

すごい!

~~~~~~

でも、さすがに、並んでいるものは、これでもかと言うほど、

良いものばかりです。

特に、特筆は、

1.チーズ おそらく、関西では、ダントツ一番の品揃えと品質

2.鮮魚 価格、品揃え共に、その辺のスーパーより安くて、良いものです。

食品売場の中央に、イートインコーナー(その場で食べられる)コーナーもあり

大激戦の梅田地域で、最後に出てきて、お客様を総ざらえしようという、

意気込み満々、すごい!!!

2013年1月28日 (月)

フランス懐石 グルマン橘

いつもへべれけ

中年を過ぎた酒屋の三男坊 ボンです。

~~~~

寒い寒い京都からお届けします。

風邪がはやっていますが、大丈夫ですか。

私はようやっと、復帰。

今日は、叔父の法事で、ごちそうです。

リーガロイヤルホテル、グルマン橘のフランス会席

故人が好きだったと言うことで、ごちになりました。

1359259130524

   前菜 ぶりの炙り

1359260057475

   フォアグラのソテー

1359260932793

  海の幸のグラタン

1359261701709

  牛肉のスープ

1359262801773

   鯛

1359263834076

   口直しのシャーベット

1359264601510

1359266946217

  デザート

 

聖護院 年賀式

いつもへべれけ

中年を過ぎた酒屋の三男坊 ボンです。

~~~~

聖護院の年賀式に来ています。
御門主より、昆布を頂き、新年の挨拶をします。
毎年、くりかえされる年中行事、大切に、若い人にも 受けついて欲しいものです。

1359078234827_2

ご存知ですか?聖護院といえば、修験道、奈良の大峰山に登って修行をするのです.
私も夏には、行者の格好をして、山に登ります。
この日だけは、まちがいなく休肝日です。

京都伏見の老舗造り酒屋三男坊「ボン」のブログ

2013年1月26日 (土)

通い徳利

いつもへべれけ

中年を過ぎた酒屋の三男坊 ボンです。

~~~

風邪がまだ治りきっていない、寒い伏見からお届けします。

通い徳利って、ご存知ですか?

 

Dsc_0401
   通い徳利 約4合  昔の屋号 塩屋源平衛 「塩源」と書かれています

知らないですよね?

明治時代の中期までは、日本酒は、酒樽で流通していました。

酒樽で、小売店まで送られたお酒は、小売店で、量り売りされます。

その時に、通い徳利という、徳利に詰めて、売られるのです。

当然、容器は、リサイクルされます。

 

結構エコで、いい方法のように思えるでしょう?

ところが、ここで、小売店が利益を出すために、水で薄めるということが・・・・

 

そこで生まれたのが、一升瓶、消費者まで、詰め替えることなく、流通できるので

品質が保たれるのです。

 

これを始めたのが、伏見の月桂冠、そして、この一升瓶の普及が

実は、伏見酒が、全国的に有名になった理由の一つです。

 

でも、すごくエコな、通い徳利の習慣も、良いですよね。

 

ちなみに、小売店まで行った樽は、次に、味噌樽に、その次に、醤油樽とリサイクルを繰り返していたんです。

 

2013年1月24日 (木)

きき水 きき酒

いつもへべれけ

中年を過ぎた酒屋の三男坊 ボンです。

~~~~

風邪が長引いて、ようやっと動き始めている 伏見からお届けします。

カラオケで歌いすぎて、のどが痛いのだとばっかり思っていたのが、大間違い!

まだまだ、ボーとした頭で、3月のイベントについて、考え中です。

3月17日に開催される、伏見の京町屋で、チャリティーコンサートで

   場所はここで、

        ↓ 

    http://www.machiyado-matsumura.jp/

日本酒の試飲会をします。

ただ飲むだけでは、面白くないので、きき水ときき酒

左右に、番号だけをふった お酒を数種類並べて、どれが同じ味かを当てる。

簡単そうで、結構難しい!!

水となると、そう簡単に当たらないので、水出しのお茶を出します。

そうすると、お茶の出方が全然変わります。

人数が多いので、さてどうするか。

~~~~~~~~

飲んでみてもほとんどわからない水でも

その水で出した、飲み物の味は、全く変わります。

かつおや、昆布の出汁は、日本の軟水に近い水でこそ、美味しく出るのです。

また、お茶を出しても、その水の特製で、苦みが強く出たり、しぶくなったり、変わってくるようです。

でも、今は、出汁も粉末を使えば、全く同じですし

お茶も、普通に売っているお茶には、どんな水でも美味しく出る様に

味付けしてあるものが、多くなっています。

あ~~~、何を書いているのか、まだ、風邪が、完治していない!!!

2013年1月21日 (月)

鳥せい本店今日(月曜日)はお休みです

いつもへべれけ

中年を過ぎた酒屋の三男坊 ボンです。

~~~~

風邪をひいて寝込んでいる 伏見からお届けします。

鳥せい本店は、今日(月曜日)はお休み

 

ということで、ブログも今日はお休みです。

 

お酒も飲まずに、寝ます。

2013年1月20日 (日)

煎茶の酒席 松本酒造にて

いつもへべれけ

中年を過ぎた酒屋の三男坊 ボンです。

~~~~

寒さが少しましになった、伏見からお届けします。

 

お煎茶道のなかに、お酒を出す作法があります。酒席というそうです。

今日は、松本酒造で、お煎茶の会です。

 

1358664341134

お煎茶の道具を揃えて、お茶の代わりに、お酒を入れて出します。

 

お煎茶の遊びです。

 

1358661761606

茶道の作法の中にもあったそうですが、

今は、懐石料理の時だけになったそうです。

 

1358661321130

  わかりにくいけど、立派なお庭です

なんでもいいけど、足が太いので、

正座椅子をしても、足がしびれる、

私一人、へべれけで・・・・・・よろよろ  ではなく 足が・・・・

販促をあてに飲む

いつもへべれけ

中年を過ぎた酒屋の三男坊 ボンです。

~~~~

何年かぶりに、カラオケに行きました。

といっても、カラオケ店を借りて研修会です。

 

今回は、アトム電気チェーンという、町の電気店を

各専門分野のコンサル4名が、

勝手に販捉します。

 

Dsc03314

    カラーコーディネーターは、大手電気店にない色をと提案 

それを聞いて、参加者が、自分の立場でまた販促の案をたてる。

こんな研修会です。

 

電化製品が、故障したとき、

どうしますか?

 

まず動かせるものなら、買い替える。

電球の様に動かないものなら、

電気屋で買ってきて、付け替える。

 

でも手間がかかるので、

おんなじ価格なら、電話一本で、来てもらって・・・

 

これがアトム電気チェーンです。

 

この加盟店を増やすための販促です。

 

町の電気屋は、人と人とのつながりで仕事をしていて、

そのつながりが、薄くなってきている。

 

そのつながりを深める手立てを持たなければ、いけないのです。

 

なんて考えながら、お酒を飲みながら、みんなで話し合います。

 

結構これも楽しいものです。

 

Dsc03316 

    プレゼン中 私は、へべれけ中

ん~~~のどが痛い。カラオケ店で、だめです。2次会が・・・

京都・伏見神聖酒蔵 鳥せい 本店 のサービス一覧

京都・伏見神聖酒蔵 鳥せい 本店
  • TEL050-3477-4673