プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

老舗酒蔵の三男(と言っても五十代)通称「ボン」と申します。伏見の地でかれこれ、三百三十年、江戸時代の初期より商いをしております。
といっても、伏見のことは、とんと無知で、これから勉強して行こうと思っています。
お酒のこと、伏見の歴史、伏見の楽しみ方を、お伝えしていきたいと思っていますので、これからも宜しくお願い致します。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2012年10月 | メイン | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月30日 (金)

「蔵開き」12月2日開催 伏見に遊びに行こう

================

12月2日(日) 恒例 「蔵開き」開催

地図 詳細は、ここから
  ↓  ↓  ↓ 
http://r.gnavi.co.jp/k006500/custom1.html

Dsc01729

================

蔵開き開催のお知らせ

今年から、2種類の新酒が効き酒出来ます。

いつもの「しぼりたてたれ口」

そして、11月23日に搾った、「純米吟醸」

   ~~~~~

どう違うかというと、

同じ無濾過なのですが、炭酸が残っているか、いないか。
           ---------------

搾り器から、そのままくみ上げているので、

発酵の際に酵母菌の出す炭酸ガスが残っているのが「たれ口」

いったん貯蔵タンクに移しているので、

炭酸が残っていないのが、「純米吟醸」です。

   ~~~~~~

新酒のお酒がなんで、1種類しかないのか、との要望にお答えしたのですが、

なんか解りにくいとの、お叱りも、きっとあると思います。

   ●文末に、詳細説明、なんぼ書いても、解りにくいと思います。
    取りあえず、飲んでみてください。

   ======

 ★その他、変更事項★

   ======

●酒粕の販売 800g500円(一人5袋まで)
              (2500袋限定)

  11時より、販売予定(列が長くなる場合は、早く開催致します)

    (昨年は、10時半頃から、初めて、12時前頃完売致しました。)

●鳥せい特製かす汁 1杯 200円

  11時~ 今年は、品切れしないように、頑張るそうです。
        (値上げしているので、当たり前ですけれど)

   =======

   ☆例年通り☆ 

   =======

●市販酒、きき酒コーナー(お一人様3杯まで)
   
  毎年、長蛇の列になって、申し訳ありません。

●各種物販

  今年から、「ことこと」という、情報誌のブースが出来ます。

  他は、いつも通り、「お花」は、早く無くなる可能性有り、お早い目に・・・

   =======

鳥せいの予約は、すでに、満席、待ち時間が、2時間を超えることがあると思います。

ほろ酔いで、伏見散策も、十石舟は、運行を終了していますが、

疎水を散策、長建寺を散策、足をのばして、御香宮、

超行列を覚悟で、東福寺や、宇治へ、

タクシーで、城南宮の神苑も、お勧めですよ!(紅葉はあまり無いかもしれませんが)

酔い覚ましに、神苑の茶席で、お抹茶などいかがでしょうか?

==================

《蔵開きのお酒説明》

●しぼりたてたれ口

  酒質 普通酒
  精米歩合 73%
  アルコール度数 約20%
  日本酒度 +1

   搾り器(目の詰まった、特殊な布で できあがったお酒を、清酒と酒粕に分けます。多少の固形分(濁り)が残ることもあります)
   から、出てくるしぼりたての、お酒をそのまま、容器にとったものです。
   新鮮な香りと深いコク、発酵の際に酵母菌の出す炭酸ガスがわずかに残ったお酒です。
   今回は、発酵の速度が速く、前日に搾ったものになる可能性があります。

   通常のお酒は、これから、濾過、熟成、調合、火入れ等の段階を踏んで、瓶詰めされます。

   搾る寸前に、香りを抽出し、味を調える目的で、醸造アルコールを入れています。
   しぼりたてのお酒の場合、この行程を踏んだお酒の方が、美味しいのです。

●純米吟醸酒

  精米歩合 60%
  アルコール度数17.9度
  酸度1.95
  アミノ酸1.3
  日本酒度+3.5
  
   11月26日に搾ったお酒を、無濾過のまま、保存したものです。
   吟醸の花のような香りとキレとコク、純米酒特有の酸味をわずかに持つお酒です。

Dsc01725

  すごい人でしょう!行列のきらいな人は、来ない方が・・・

Dsc01734

  道には座らない様に、お願いします

2012年11月28日 (水)

普通粕と吟醸粕

いつもへべれけ

中年を過ぎた酒屋の三男坊 ボンです。

~~~~~~

寒い 伏見からお届けします。

お酒のしぼりも、本格化、鳥せいのたれ口も、

来週くらいから、次の本醸造に代わります。

12月2日の蔵開きの後くらいから。

少し味が濃くなると思います。

酒ができると、酒粕も、

ぼちぼち、鳥せいの横でも、吟醸粕や大吟醸の粕も

売りに出されます。

最近は、大吟醸の酒粕も、喜ばれるようになりました。

=========

   酒   粕

      吟醸粕と普通粕

========= 

今日は酒粕の特徴について、

お酒の種類って、たくさんあります。

純米酒、本醸造、吟醸、大吟醸

当然、造り方も違ってきますので、出てくる酒粕も違ってきます。

同じ造りでも、米の特性で、そのときによって、出てくる酒粕は、

違ってきます。

大きく分けて、普通粕と吟醸粕に分けています。

では、その違いについて、簡単に言うと

 

《普通粕》 一般的に、市販されている酒粕というとこれです。

  板状になっていて、やや黄色みかかっていて、

  お米がしっかり溶けて、酒粕特有の味が有ります。

 

《吟醸粕》 最近になって、売られるようになってきました。

  色が白く、新鮮なうちは、吟醸の香り(花や果物のような香り)が良く

  味があっさりしています。粘りけが少ないので、板状にならないこともあります。

 

普通粕は、一級酒(多くの場合ですが)になるお酒の粕です。

でんぷん質の多くは、お酒になり、脂質、タンパク質と、酵素によって、これが分解された、

アミノ酸等のうま味も多く、酵母も多く含んでいます。

味わいも酒粕の味がしっかりしていて、

粕汁などにすると、すごく美味しい酒粕です。

これに比較して、吟醸粕は、吟醸仕込みという、特別の仕込み方で造ったお酒の粕です。

その特徴は、低温で、出来るだけ、発酵の速度を遅くし、味わいを抑えたものです。

お米のでんぷん質も、多くは、酒粕に残したまま搾ります。

香りはよいのですが、でんぷん質が多く、味わいも、あっさりしています。

大吟醸になると、更に、味は、無くなります。

でんぷん質が多いので、甘酒にすると、とろみが出て美味しい。

でも、粕汁などにすると、味が出るくらいに入れると、お粥みたいになってしまいます。

最近までは、色が白いので、漬物の化粧粕(出荷の時に見た目を良くするため)に使われていました。

健康ブームと、薄味か好まれる様になり、

最近は、よく売れるようになりました。

~~~~~~~~~

それはさておき、酒粕の保存方法

まず、鉄則は、空気に触れささないこと、

触れた部分は、乾燥して、変色したり、

粉をふいたように、なったりします。

また、アルコール分が飛んでしまうと、腐ることもあります。

保存温度ですが、使用目的によって、異なります。

まず、甘酒にされる場合、出来るだけ新鮮なものを購入して、

小分けにして、ラップをかけて、冷凍します。

粕汁等の料理にする場合

空気に触れないようにして、冷蔵庫に入れます。

寒い時期、暖房のかかっていない場所ならば、1か月くらいは、大丈夫です。

酒粕には、酵母も酵素も多く含んでいるので、発酵が進んできます。

粕汁にするときは、絞ってから冷蔵庫等で、1か月ほど寝かしたものの方が、

コクが出て、美味しいものです。

最後に、漬物にする場合

冷蔵庫で数か月忘れられていた酒粕は、魚や肉の粕漬けに使えます。

さらに、常温で、夏まで置いておかれたものは、醗酵が進んで、どろどろになります。

これは、奈良漬等に使います。

酒粕は、最初に空気に触れないように保存すれば、

腐敗することはないので、いろんな使用方法があります。

また、お米の栄養素(澱粉の多くは、お酒に代わっています)と

酵素や酵母がいっぱい含まれている、健康に良い食べ物です。

いろんな使い方をして、美味しく召し上がってください。

最後に、新鮮な大吟醸の酒粕で、粕汁をすると、

どろどろのお粥みたいになることがありますので、注意してください。

Dsc03344

Dsc03345

今日は本醸造酒粕です。こんな形の板状に枠のついた搾り器なので

平たい酒粕になります。

2012年11月26日 (月)

紅葉真っ盛り おすすめデートコース 東山

いつもへべれけ
中年を過ぎた酒屋の三男坊 ボンです。
~~~~~~
3連休最終日は 快晴の京都です。
今年は、例年より少し早く、紅葉の見盛り
妻と二人で 
夜の東山へ、知恩院と高台寺と思ったのですが、

Dsc_0240

日曜日の夜だというのに、すごい人、大行列です。
やっぱりみんなの行くところは、少しはずして、
穴場って、探せばあるのです。
妻と一緒の熟年デート、
高台寺を横目に
石塀小路へ、ここは、すごく雰囲気のいい場所なのですが
どのお店も、高そうで、入りにくい感が山盛り、
そこで、「ぎゃるりー和田」へ、

Dsc_0242

Dsc_0241

以前は、旅館をやっていた風情ある建物を
ギャラリーにしてあります。
そんなに高くない陶器や
漆のアクセサリー、
    (訳の分からない高いお店で、ぼったくられたと思って、)
ネックレスをプレゼント
京都石塀小路で、思い出ひとつ、
    〈安くっても、値打ちあるのでは?ちなみに、漆のペンダントトップ1万円)
大行列の紅葉スポットより、良くないですか。
帰り、ラーメンでも・・・・
というわけにはいかないので、
つぎも、ちょっと奮発して、
私のおすすめの、阿吽坊(あうんぼう)
      (すみません。妻が、写真をパシャパシャ撮るのは・・・??というので・・・写真はありません)
日曜日だからか、予約もなしに、スッと入れました。
金土は、ご予約を!
ちょっとだけ、高級!
でも、ゆっくり飲めて、二人で、8千円 食事をしても、一人6千円位です
雰囲気の良い、酒どころ! カウンターに座って、前の庭を見ながら、
お酒を交わす。
心の底から温まる瞬間、
平日なら、高台寺のライトアップも見て
夜のデートコース、思い出のプレゼントを加えて、2・3万円
私の超お勧め、大人のデートコースの完成です。
ティファニーや、エルメスで、大枚をはたいている方、
どうでしょうか?私のプラン???
阿吽坊は、ちょっとアダルトなので、すこし若い方は、
和風フレンチ「よねむら」〈要予約)(予算1万円+アルファ)でも・・・

2012年11月25日 (日)

京都の文化について まじめに考える

いつもへべれけ
中年を過ぎた酒屋の三男坊 ボンです。
~~~~~~
快晴の京都
今日は、大学の同窓会です。
河原町先斗町下がる「ちもと」で、
お昼から、宴会です。
今回は、宮川町から、芸舞妓を呼んで、

Dsc_0224_2

Dsc_0223_2

京都ですね!!!
これが、今日の文化だ!飲むぞ!!!
え!隣には、妻も・・・・・
でも、妻の方が、舞妓ちゃんの名前を知っています。
おまえは、私より遊んでいるのか?
なんて、ふざけながら、昼間から大はしゃぎ

Dsc_0225

Dsc_0229

表は、めっちゃ明るい、大宴会!!!

Dsc_0231

そうだ これが京都だ!!!!!楽しい!!!!!
でも、「ちもと」も、妻は常連、私は・・・

2012年11月24日 (土)

いつもへべれけ
中年を過ぎた酒屋の三男坊 ボンです。
~~~~~~
急に寒くなって、紅葉の進んだ、伏見からお届けします。
我が家のモミジは、なぜか、黄色に

Dsc_0195

伏見も綺麗なので、遊びに来てください。
というわけで、今日は、長距離、
御香宮神社、明治天皇陵、乃木神社
鳥せい本店からだと、約5㎞ゆっくり歩くと、2時間のコースです。
ほろ酔いでは、無理なので、飲む前に行きましょう。
ということで、今日は、伏見桃山駅から出発、
御香宮は、幕末の鳥羽伏見の戦いで、官軍の陣地となった場所

Dsc_0203

   神社内のお茶室 「九香庵」
約300mほど離れた、伏見奉行所へ、ここから、大砲が放たれました。
三木(そうぎ)宮司に、その辺の話を聞くと面白いですよ!
明治天皇陵は、もともと、伏見城のあった場所、
伏見から、大阪を一望できる丘の上にあります。

Dsc_0204 

  長く長く続く参道

Dsc_0206

  ようやっと御陵が見えてきました

Dsc_0208

   明治天皇陵です

Dsc_0209

   伏見と大阪が一望(木がなければ)

Dsc_0213

    御陵を下から

Dsc_0212

   振り向けば、紅葉の大木
当然、今の桃山城は、明治天皇陵があるので、違う場所に建っています。
御陵のふもとにある、乃木神社は、明治時代の乃木大将を祀っています。

Dsc_0214

Dsc_0215

カロリーを消費してから、思い切り飲んで、食べる。
こんなのもいいかも?

2012年11月23日 (金)

秋です 御香宮

いつもへべれけ
中年を過ぎた酒屋の三男坊 ボンです。
~~~~~~
朝のうち雨模様の、伏見からお届けします。
いつもより早く、秋がやってきました。
朝から、御香宮にお参り、

Dsc_0193

銀杏の木は、黄色に染まり、

Dsc_0194

紅葉も、進んできました。

Dsc_0189_2

土日は、きっと、東福寺もきれいでしょう。
今月末まで、十石舟も運航しています。
いつもながら、そうだ 伏見に行こう
美味しいお酒が待っている。
たれ口も、美味しいです。

2012年11月22日 (木)

高いお酒大集合

いつもへべれけ
中年を過ぎた酒屋の三男坊 ボンです。
~~~~~~
今日も、めっちゃ忙しい、伏見からお届けします。
 
大切なお客様やから、良いお酒集めて!
との要望で、集めてみました。

Dsc_0185

●平成24年全国新酒監評会金賞受賞酒大吟醸原酒
   全国新酒監評会で金賞受賞した、大吟醸酒を、
   原酒そのままで瓶詰めしました。
●山田錦純米大吟醸斗瓶取しずく酒
    
    全国新酒監評会用に仕込み、
    首つり(酒の重さだけで搾る方法)で搾った
    香りの良い限定酒(23年)
●特選純米大吟醸松の翆
    表千家而妙斎宗匠御銘お好み酒
●神聖純米大吟醸氷温囲い
    スローフードジャパン燗酒コンテストで金賞を受賞、
    純米大吟醸でありながら、甘みのあるお酒です
●祝純米大吟醸古酒
    2005年製造 京都産祝米100%純米大吟醸の常温熟成古酒、
    古酒独特の香りと年代を経たコクのあるお酒
●しぼりたて「たれ口」
 
     今年の初しぼり新酒をそのまま瓶詰めしました、
     無濾過の濃醇な味と香り、発酵の際に酵母菌の出す炭酸が
     わずかに残るお酒
如何でしょうか?   注-鳥せいに置いていないお酒もあります。
                
ん~~~~~
たれ口以外は、みんな、大吟醸
それぞれに、個性のあるものを集めてみました。
でも、値段が高いから、美味しいのか?
というわけではないのが、お酒の特徴でもあります。
お酒は、嗜好品、美味しいと思ったものが
美味しいし、飲み方によって、大きく変化します。
     --------
例えば、最高級の年代物の赤ワインでも
最高級のキャビアと一緒に飲んだら・・・・
とんでもないことになります。
     ------
金賞受賞酒を熱燗にしたら、
ん~~~~もったいないからやめましょう!!
~~~~~~~~
いらん事はやめて、今日は、美味しいお酒を
え!!!私は、メンバーに入っていない!!!
家に帰って、安くても美味しいお酒を飲みます。
今日は、本醸造鐵齊を熱燗で、
お鍋か、おでんがいいな!
あ!おでんなら、旨味のある濃醇の方が美味しいかな!

2012年11月21日 (水)

伏見で小さい秋見つけた!

いつもへべれけ
中年を過ぎた酒屋の三男坊 ボンです。
~~~~~~
よく晴れた伏見からお届けします。
あちこちで紅葉が!
これは、事務所の裏にある業務スーパーの壁に
自然に生えたツタと その横の西本願寺別院

Dsc_0181

いつもは、殺風景な、駐車場なのですが、
突然、目をひきます。
あちこちに秋が来ています
熱燗が美味しい時期ですね。
風邪をひかないように、
体を温めて・・・・・
ここで、体を温める為には、
まず、根菜、にんじん、だいこん、ごぼう
逆に冷やすのは、唐辛子等の実野菜
お酒は、暖かい日本酒が一番です。
焼酎などの蒸留酒は、一時的には、暖かいのですが、
最終的には、体を冷やしてしまいます。
年末、忙しいですから、体に気を付けて
==========
ということで
今日は、面接です。
事務員の募集をかけています。
ネット一本で、100名以上の応募がありました。
不景気なのか、当社にすごく魅力があるのか?
後者であることを信じて・・・・・
~~~~~~
朝の連続テレビ「純と愛」の主人公の一人 愛(いとしと読む)は、
人の顔を見るだけで、その人の本性が分かる
その能力の為に、仕事もできずにいるのですが、
こんな人、人事にいれば、すごく役立つのにと
思うのですが、
~~~~~~
30分だけ会って、お話しするだけで、その人の性格を判断して
これから、長い間、仕事のパートナーとしていく。
すごく難しいことです。
今までに何回か、痛い目にあってきました。
いい方が来てくれると良いのですが・・・

2012年11月20日 (火)

伏見も紅葉が綺麗になってきました。 そうだ!伏見に行こう

いつもへべれけ
中年を過ぎた酒屋の三男坊 ボンです。
~~~~~~
寒さが少しだけ和らいだように感じる伏見からお届けします。
秋ですね、京都に遊びに来られる方がどんどん増えてきています。
去年より、少しだけ早く、東福寺も、紅葉が、綺麗になってきたそうです。
      ~~~~~~~~~~
私は、高台寺の池に映る紅葉が大好きです。
帰りに、石塀小路を散策して・・・・・
美味しい料理とお酒を飲んで・・・・・
予算があるなら、
和風フランス料理の「よねむら」
和食の「吉膳」
軽くすませるなら、
祇園「OKU」
良いですね。
若いときに、こんなお店を知っていれば、
もっともてたろうに・・・・・
~~~~~~~~
そうだ!!!
伏見の話だったのです。
12月2日は、蔵開き
紅葉もきっと綺麗です。
そうです!伏見に行こう!!!

2012年11月19日 (月)

伏見十石舟 11月末までですよ! 伏見紅葉情報

いつもへべれけ
中年を過ぎた酒屋の三男坊 ボンです。
~~~~~~
良い天気の伏見からお届けします。
今日は、鳥せい本店は、お休みです
十石舟も、今月末まで、
そうだ、伏見に 行こう!(今日は駄目ですよ)
美味しい酒を飲みに!!
ということで、十石舟の船着き場と、長建寺です。

Dsc_0179

桜の葉は、紅葉しています。

Dsc_0178

長建寺の銀杏は、少し色づいて、

Dsc_0180_3

ちょっと寒いので、暖かくしてね!
特に船に乗るときは、冷えますよ!

京都・伏見神聖酒蔵 鳥せい 本店 のサービス一覧

京都・伏見神聖酒蔵 鳥せい 本店
  • TEL050-3477-4673