プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

老舗酒蔵の三男(と言っても五十代)通称「ボン」と申します。伏見の地でかれこれ、三百三十年、江戸時代の初期より商いをしております。
といっても、伏見のことは、とんと無知で、これから勉強して行こうと思っています。
お酒のこと、伏見の歴史、伏見の楽しみ方を、お伝えしていきたいと思っていますので、これからも宜しくお願い致します。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2011年6月 | メイン | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月31日 (日)

千日参り 愛宕神社

今日2回目 愛宕さんから下りてきました。

10時登山開始sign03、総勢8名と3ヶ月の赤ちゃん一人happy02 この鳥居からスタートします。

初めて登るのが2名think、最年長に私が先頭で、取りあえず、みんなで登りましょう。

頂上まで、4.2km 平坦な道なら、1時間弱なのですが、この急坂が続きます。

中間地点五合目に、当社山本本家「神聖」の樽が上がっている大杉社があります。

ここまで来れば、距離的には、半分なのですが、苦しいところは、後二カ所だけ。

よく頑張りました。ご褒美に京都が一望できます。

頂上の愛宕陣社でお祓いをしてもらいます。


御神酒は、当然山本本家の「神聖」です。樽酒を千日参りの時と正月に奉納しています。
疲れた体にお酒がしみます。うまい


お弁当を食べてから、もぼってきた坂を帰ります。

行きの鳥居と帰りの鳥居、同じ鳥居ですが、なんか違うでしょう。


下山は、15時 5時間がんばりました。

途中、多くの京都の老舗のご主人にお会いしました。
亀屋伊織・百万遍かぎや・朝日焼等々 

やっぱり、京都の伝統行事ですね。

愛宕神社 千日参り 7月31日

7月31日愛宕神社 千日参りsmile

今日にお参りすると千日分の御利益があるといわれる、愛宕神社の千日参りの日です。と言っても、愛宕神社は、京都で2番目に高い山の山頂にあります。

普通の人で約2時間から3時間のきつーい山登りrun

根性出して行ってきます

愛宕神社は、火伏せの神様、火の用心の神さまです。

また、3歳までにお参りすると、一生病気をしないsign01ということで

子供をお参りさせるご両親も多いのです。

3歳までの子供が歩いて山頂まで上がることは不可能ですので当然抱いて上がります。
大変です。今年は、当社の新婚夫婦が挑戦します。

結果報告は、今日の夜アップします。

50過ぎの老体の年に一度の体力検査 行ってきますsign03

2011年7月30日 (土)

今日の伏見 七商店街の夜市 7月29日(毎年第4金曜日)

今日の伏見

7商店街の夜市 7月29日heart04
すみません。今日ではなく、昨日なのですが、伏見桃山駅から中書島駅までの7商店街協賛で、夜市が開催されました。

鳥せいも中書島の公園で2本250円売り切れごめんで、焼き鳥を焼いていますsign03

すごい人でしょう。

大手筋商店街のゲームコーナーは長蛇の列で、歩けないほどです。

大手筋と中書島の公園では、ミニコンサート

出店も安くて美味しいものばかり、生ビールも300円~

特に大手筋の京極屋さん(山本本家のお酒も売っています)300円で大盛り中ジョッキ以上

食べ物は、近くのレストランなどがいつもより安く出してもらっているみたいで、すべて、美味しいです

今日のメニューは、
中書島の公園で、
生ビール
サザエの壺焼き(200円)
鶏の唐揚げ(300円)鳥せいではありません

納屋町で
玉こんにゃくの串刺し(100円)
生ビール
ちらし寿司(300円)

風呂屋町で
コロッケ

大手筋で
生ビール

それから、新しくできた、フランス料理の居酒屋さん(この店の内容は後日)

おなかいっぱい、大満足、安いうまい、おもしろい

7月の第4金曜日なので、来年は、絶対行くべしです。

今日と明日は、長建寺の弁天祭りです。

2011年7月29日 (金)

水の街伏見 井水の話

京都盆地に降った雨は、ほとんどが伏見を通ります。
川もそして地下水も、鳥せい本店の井水は、地下約60mから汲み上げた水。
桃山の森を通って、長い時間をかけて、届きます。
甘さをも感じさせる、柔らかみのある水です。
森の養分を含み且つ、柔らかい水質の水は、そのままで飲むのも、美味しい水ですが、お茶やコーヒーを入れると違いが際だちます。

以前に、灘の水と味比べをしたのですが、普通に水として呑んだ場合は、違いがわかりにくいのですが、お茶を入れたときには、はっきり違いが出てきます。伏見の水の方が、味が濃く、苦く感じます。おそらく、軟水に近いので、成分が良く溶け出しているのだと思います。

上等のお茶やコーヒーは、きっと美味しいと思います。

驚いたことは、御抹茶をたてたときに、伏見の水の方が、格段に綺麗にたちます。理由はわかりませんが、水と言っても、いろいろ特製があるものです。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

今日7月29日は、伏見7商店街の夜市ですsign03
伏見桃山から中書島駅までのすべての商店街で、コンサートkaraokeやゲームコーナーsoccer、飲食bottle等々、出店が並びます。

絶対行くべき、飲食の出店も安いし、ゲームコーナーもおもしろい

鳥せいは、寺田屋の川向こうの公園で焼き鳥を焼いています。

2011年7月28日 (木)

鳥せい秘話 隠し部屋発見

こんな部屋があるのを知っていますか?
鳥せい本店の奥の奥に、こんな部屋があります。
ご予約のみのお部屋です。

知っていました?
指定は出来ません。
運の良い方のみ。

2011年7月27日 (水)

隠れた逸品 私のお薦めby加藤

心臓と肝をつないでいるホルモンのこと

脂があって、肝の風味を残しつつ、弾力の
ある独特の食感があります。私はいつも
塩焼きにして、わさびをちょこっとつけて
食べます。旨味のある脂に、わさびを付ける
ことできりっとさっぱり中和してくれます。
この感覚がたまらなく美味しいのです。
寿司でも、少し脂っこい中トロとわさびが
よく合うのと同じ感覚なのでしょうか。
文章にしても、なかなか伝わるものではない
ので、是非一度食べてみて下さい
ただ、数に限りがありますので
売り切れたらごめんなさい。

以前にも一度紹介しましたが、書き手が代わると、趣味も代わると思い再度掲載しました。

2011年7月26日 (火)

酒屋の独り言 お酒の種類

いよいよ夏本番、ビールの美味しい時期ですね とは言わずに、私は、冷酒が美味しい時期ですねと言います。冷え性の方には、燗酒もお勧めします。

日本酒の種類って、本当のいっぱいありますよね。どのお酒がどんな味か良く分からない方が多いと思います。

私もワインなどは、さっぱり解りません。ボトルで頼んで、美味しかったら、一口目は覚えて帰ろうとするのですが、帰るころには、すっかり酔っぱらってしまって、翌日には、何も覚えていません。

先日、ワインセラーで好きなものを選べる店で、ワインを選んで欲しいと頼まれました。何とか断ろうと見回すと、一番若い女性が選びたそうにこちらを見ていたので、代わりに選んできて欲しいとお願いすると、嬉々として、一人でワインセラーに直行、しばらくして、自慢げにワインを持ってきました。
私は、彼女に
「どこのワイン?」と聞くと

「???」

「おいしそう?」と聞くと

「???」

最後に彼女が
「このラベルかわいいでしょ」と一言

「ま、いいか!」


日本酒の種類の話ですが、大きな分類の一つとして、お米の磨きで名前が変わります。

「大吟醸酒」
50%以上精米(お米を50%に残して、50%以上削ってしまう)して、あっさりした味と芳香のあるお酒

「吟醸酒」
60%以上精米(お米を60%に残して、40%以上削ってしまう)して、あっさりした味と芳香のあるお酒
「本醸造酒」
70%以上精米(お米を70%に残して、30%以上削ってしまう)して、アルコール添加量の少ないお酒

多く削る方が、原価も高く、また、手間もかかりますので、お値段も高くなります。

美味しいお酒を選ぶのは、値段ではなく、お好みです。

美味しいお酒を選んでください。

2011年7月25日 (月)

7月25日 天神祭本宮です 鳥せい天満橋店にお立ち寄り下さい!

他店情報

鳥せい天満橋店sign03

今日7月25日は、天神祭本宮です。

鳥せい天満橋店は、京阪電車天満橋駅下車 改札を出るとすぐ前にあるパナンテ食堂街にあります。改札まで、1分かからない場所ですので、帰りの電車も時間を合わせてぎりぎりまで飲んでいられます。

今日は、天神祭特別メニューを用意してお待ちしております。

天神祭のお帰りに、また、天満橋に行かれた際には、ぜひお立ち寄り下さい。


夏の限定「たれ口大吟醸」bottleは、天満橋店は、8月3日より、300杯限定で開催します。

2011年7月23日 (土)

宇治川の鵜飼い

宇治川の鵜飼い

宇治川の鵜しょう(鵜を操る人)は、美人女性2名です。


先輩のまりさんです                後輩です

実は、その師匠は、元当社(造り酒屋)の工場長だった人です。

昔は、夏が暇だったので、会社に在籍していたときから、鵜飼いの船頭をしている社員が数名いました。

ということで、OBや雄志17名で鵜飼いを見ながら、宴会です。

今日は、台風の後で、魚が多く、鵜もたくさんの魚を捕っています。

首を軽く縛ってあって、小さな魚は、のどを通るのですが、大きな魚を捕ったときは、飲み込めません。

目の前で、がんばって潜っている鵜に敬意を表しながら、大酒を食らって約1時間半。

終盤戦多くの人が無口になってきて、船着き場に帰ってくると、全員トイレにダッシュ。

舟の上では、日本酒だけにして、ビールを飲むのは、やめましょう。造り酒屋ですしね。
鳥せいから宇治までは京阪電車で約15分徒歩の時間を入れても40分ほどで、鵜飼いの船着き場まで行くことが出来ます。
8時頃に終わりますので、それから、鳥せいに飲みに来て下さい。乗合船では、宴会は出来ないと思いますので

2011年7月21日 (木)

料理とお酒の相性 「水のしらべ」 最も軽快なタイプの吟醸酒

お酒と料理の相性

水のしらべbottle 吟醸酒 と 野菜料理 加茂なすのそぼろあんかけ



お酒って、いっぱいあって、どれが美味しいのかわからない。

日本酒は、食中酒ですので、料理によって、美味しいお酒が代わります。

今回は、「水のしらべ」と野菜料理sign03

水のしらべ」は、最もあっさりした味わいで香り(吟醸香)も落ち着いているお酒です。
アルコール度数も14.5%と控えめ、

あっさりしたお酒には、あっさりした料理が良く合うのです

「水のしらべ」の場合は、野菜料理との相性が抜群です。
特に、温野菜料理
例えば、野菜の煮物(おひたし) 焼き物(唐辛子の焼き物) 天ぷら(山菜やキノコの天ぷら) 等々


単独では、何となく物足りなさを感じるお酒ですが、お酒自体に味わいが出てきます。

如何でしょうか。

京都・伏見神聖酒蔵 鳥せい 本店 のサービス一覧

京都・伏見神聖酒蔵 鳥せい 本店
  • TEL050-3477-4673